ダンスと歌で、石鹸を使った手洗いの知識と習慣を広げる!−学生6人がインド・ビハール州の学校で授業に奮闘−

途上国には、下痢や感染症などにより、健康面から通学が困難な生徒が多数存在します。石鹸を使った手洗いは衛生改善に貢献するものの、その正しい知識と習慣を定着させることが課題となっています。
獨協大学経済学部の学生が、2016年夏にインド最貧困州・ビハール州の小中学校で、ダンスと歌を用いて石鹸を使った手洗いの知識と習慣を定着させるための授業を行いました。アンケートと追跡調査の結果、手洗いの知識と習慣の定着を促し、出席率を10パーセント向上させることができました。さらに、国際協力NGOの協力を得て、ザンビアにて同様の活動を行われました。
本セミナーでは、獨協大学経済学部の学生より現地での具体的な活動内容や成果をご報告します。

参加費:無料

参加方法:下記問合せ先まで、電話またはEメールにてお名前、ご連絡先をお知らせのうえ、お申込みいただくか、または下記の「お申込み」ボタンからお申込ください。

注:「お申込み」ボタンからお申込みの場合は、受付完了のメールをお送りします。もし届かない場合は、お手数ですが、地球案内デスクまでお問合せ願います。受付完了メールは、お客様のメール受信設定により、受け取れない場合や迷惑フォルダに振り分けられることもあります。

展示・イベント情報