企画展関連ワークショップ “Wear” are you from?− この服はどこから来ているの?−

コットンの栽培にはどんな問題があるのでしょうか?

私たちが身に付ける衣類にはどんな人たちが関わっているのでしょうか?

企画展示「『衣』を通じて見る世界−ファッションをミライのアクションに−」に関連してワークショップを開催します。

私たちの身に着けている服はどこの国から来て、どんな人たちの手によって作られているのでしょうか。
Tシャツやジーンズに使われている「コットン」に注目し、服と世界とのつながりをワークショップを通して学びます。
服作りの生産、流通の仕組みについての背景を知り、私たちの出来ることを一緒に考えてみませんか?

講師は、青年海外協力隊として、バングラデシュにて環境教育の活動を行っていたJICA地球ひろばの佐藤友紀です。

講師:佐藤友紀(JICA地球ひろば 地球案内人)

対象:中学生以上

定員:40名(先着順)

参加費:無料

参加方法:下記問合せ先まで、電話またはEメールにてお名前、ご連絡先をお知らせのうえ、お申込みいただくか、または下記の「お申込み」ボタンからお申込ください。

「お申込み」ボタンからお申込みの場合は、受付完了のメールをお送りします。もし届かない場合は、お手数ですが、地球案内デスクまでお問合せ願います。受付完了メールは、お客様のメール受信設定により、受け取れない場合や迷惑フォルダに振り分けられることもあります。

展示・イベント情報