「インベストモンゴリア東京」カンファランス −モンゴルの政治経済状況、投資環境とビジネスチャンス−

今年のモンゴルは、5月にIMFからの支援の受け入れ、7月の大統領選挙、10月の新内閣の誕生と激動の年でした。また経済のファンダメンタルは、中国への石炭輸出の拡大により年の前半のGDPは5.3%上昇と、2012年以降初めて回復基調にあります。それに伴い懸念されていたチンギス債の借り換えは順調に進みました。従って、これから日本を含めた海外からの資金が流入することが期待されています。ただし、海外直接投資(FDI)が今後増えるためにはガバナンスの向上、法整備など課題が色々あることも確かです。また資源頼みの経済構造の改革も急務です。
本カンファランスでは、モンゴルの新政権の関係者、ビジネスリーダー、国際開発金融機関などをお招きし、モンゴルの政治・経済の現状、投資環境、ビジネスチャンスなどについて議論します。
なお、カンファランスと並行してビジネス交流会も同じ会場にて行います。また夕刻からは懇親会も開催します。カンファランスと合わせてご参加ください。

対象:モンゴルの政治・経済状況に関心のある政財界関係者
定員:200名(先着順)
参加費:無料
参加方法:下記ご登録フォームより登録をお願いします。

展示・イベント情報