国際協力レポーター2017帰国報告会 “ガーナ共和国へのODA” リーダーシップ強化シリーズ(第5回)

ガーナは、政治的・社会的安定を保ち、西アフリカにおける民主主義のけん引役として、国際社会の評価と期待が高まっている。 さらに、近年は石油・ガス産出に伴う海外からの投資活動が盛んであるが、一方で、地域格差の存在、インフラ整備や公共サービスが不十分など多くの課題を抱えており、日本も、長きに渡り友好的であるガーナに、1.農業(稲作)、2.経済インフラ(電力、運輸交通)、3.保健・理数科教育、4.行財政運営機能の強化、で支援している。

途上国支援や国際ビジネス等々で、グローバルな活躍を目指す老若男女の皆さんへ! 
「みんなでみてきた国際協力 by 国際協力レポーター/ODA民間モニターOG/OB会」から、“定例勉強会:「国際協力レポーター2017帰国報告会」(“ガーナ共和国へのODA”リーダーシップ強化シリーズ(第5回))”のご案内です。

国際協力レポーターは、日本のODAを支えている国民に、自身の目で海外の国際協力の現場を視察いただき、その様子や意見を報告いただくJICAの事業ですが、今年度の派遣国であるガーナ共和国の視察報告を行います。

参加ご希望の方は、事務局まで、氏名(フルネーム)と職業、年代(例、60代 等)、メールアドレス(できれば、PC版)を、メールで連絡ください。

参加費:無料

定員:先着30名

JICA市ヶ谷ビル1階の受付に尋ね、エレベータで6階のセミナールーム601/602まで直接お越しください。 
枠押さえ的予約や、体調不良等の理由で、直前/当日にキャンセルになる可能性のある方は、他の参加希望者の参加機会の妨げになりますのでご遠慮ください。 

展示・イベント情報