バングラデシュのノクシカタ刺しゅうワークショップ 針先から生まれるミラクルワールド

ノクシカタ刺しゅうをする農村の女性たち

バングラデシュの農村で、母から娘に代々受け継がれてきた伝統刺しゅう「ノクシカタ」。
農村でつつましく生きている女性たちの、いったいどこにこんなエネルギーが秘められているのでしょうか?!
他のどこの国にもない独特な手法で布の上に繰り広げられる世界観は、とても自由でアーティスティックです。
このワークショップでは、実際に刺しゅう製作を体験しながら、「ノクシカタ」の不思議な魅力に触れてください。当日は、日本バングラデシュ文化交流会の活動紹介や、ノクシカタ刺しゅう製品の展示販売も行います。

講師:佐藤奈保子(青年海外協力隊バングラデシュOG)
【略歴】青年海外協力隊としてバングラデシュの手工芸隊員として活動。元協力隊を育てる会職員

対象:ご興味のある方ならどなたでも。
定員:30名(先着順)
参加費:500円/中学生以下300円 (材料費含む)
参加方法:下記問合せ先まで電話、ファックス、またはEメールにてお問合せください。その際、お名前、ご連絡先、ご所属をお知らせください。
申込締切:1月17日(水曜日)

展示・イベント情報