中高生によるサステナブル・ラベルシンポジウム -消費を変えて熱帯雨林の減少を食い止めよう!-

「私たちの近く」
遠くの苦しむ動物たちにつながる方法は以外と近くにある。(布施亜咲実)

「認証をもっと身近な存在に!」 
企画者代表 黒田峻平(高2・SGBC中高生副代表)

2016年末にボルネオに渡航し、素晴らしい生物多様性を感じてきました。その一方でアブラヤシプランテーションの開発により生き物の住みかである熱帯雨林が減少していることを学び、危機感を感じました。アブラヤシプランテーションは私達が「植物油脂」であるパーム油を利用するために開発されています。この現状に対して自分にできることを考えるようになりました。熱帯雨林の破壊は今も進行中の問題です。この問題に対し、環境へ配慮した持続可能なアブラヤシ農園に与えられるRSPOや、森林管理が持続可能であることを示すFSCという認証(サステナブル・ラベル)があります。これらがついた商品を選ぶことで、熱帯雨林の持続性に貢献できます。しかし、これらの認証はあまり身近ではありません。私たちはこの認証の普及の必要性を感じ、本シンポジウムの企画に至りました。少しでも、認証制度の理解や、消費活動の持つ意味、そして熱帯雨林の持続性につながれば幸いです。

第一部 認証とは何か?(13時から15時)
認証制度の仕組みや認知度、教育現場での扱いについて、一般社団法人日本サステナブル・ラベル協会の山口真奈美代表や中学・高校の家庭科の教員、大学生がその取り組みについて話します。その後、登壇者で認証制度の認知度や疑問点についてディスカッションします。

(10分休憩)

第二部 企業・NGOの取り組み(15時10分から16時40分)
商品に認証をつける取り組みをしているSARAYA株式会社や味の素株式会社などの企業、WWFや地球・人間環境フォーラムなどのNGOが「責任のある消費」について各自が行っている取り組みについて話します。また、企業のアンケート調査をしている高校生の発表もあります。

(10分休憩)

第三部 パネルディスカッション(16時50分から18時)
「サステナブル・ラベルの普及のために消費者・企業は何ができるか?」
認証の普及のためにできる行動を、企業・NGOの方々と中高生が本気でディスカッションします。

※途中参加・途中退室可能です。
対象:ご興味のある方ならどなたでも。
定員:100名(先着順)
参加費:無料
参加方法:下記の参加申し込みフォームからお申し込みください。

展示・イベント情報