来日20年のギニア人が語る、観光資源の宝庫・ギニア共和国

「ニンバ山」のチンパンジー

ギニアのダンス

月間国別展示「ギニア共和国」に関連して、ギニアの魅力をご紹介するセミナーを開催します。

今、アフリカは「次の市場」として世界から注目されていますが、文化や経済の違い、アフリカまでの距離など、進出にハードルを感じている日本企業も多いようです。特にギニアは貧しさとエボラ出血熱のイメージにより、日本国内では焦点が当たる機会が少ないのが現状です。しかし実際は、首都コナクリを離れると、チンパンジーの広大な保護地区「ニンバ山」、アフリカとは思えない落差の「滝」が作る神秘的な風景、100kmに渡り延々と続く綺麗な海岸線とそこで進む開発リゾートホテル、フレンドリーな人々、季節ごとに楽しめる様々な果物と、観光資源に恵まれた国なのです。
さらに、フランスから早期に独立を果たした歴史が色濃く残り、「奴隷港」や昔ながらの一夫多妻の社会が残っています。このような文化や街並みも、アフリカのそのままの姿を体験したい方には大きな魅力と映るのではないでしょうか。

講師:カマラ・モハメッド氏(株式会社Japan World Bridge 代表取締役社長)
【略歴】
ギニア出身。文部大臣などを歴任した父の影響もあり幼い頃から祖国の為に人生を送りたいと10代から諸外国で建築などを学ぶ。日本人や日本建築に惹かれ、日本に住むこととなり、来日から20年が経とうとしている。日本の技術を用いたギニアの地図作成の仲介役やギニアの子どもたちに日本のランドセルを贈る活動も行った。国際ビジネスの発展を目的に「株式会社Japan World Bridge」を設立。

対象:ご興味のある方ならどなたでも

定員:100名(先着順)

参加費:無料

参加方法:下記問合せ先まで、電話またはEメールにてお名前、ご連絡先をお知らせのうえ、お申込みいただくか、または下記の「お申込み」ボタンからお申込ください

※「お申込み」ボタンからお申込みの場合は、受付完了のメールをお送りします。もし届かない場合は、お手数ですが、地球案内デスクまでお問合せ願います。受付完了メールは、お客様のメール受信設定により、受け取れない場合や迷惑フォルダに振り分けられることもあります。

展示・イベント情報