子どもイベント「アートで知ろうタンザニア -手形をのこそう-」

東アフリカの赤道直下、タンザニア共和国には、世界遺産でもあり、さまざまな動物が生息するセレンゲティ国立公園やアフリカ最高峰キリマンジャロ山があることで知られています。また、オルドバイ渓谷は人類の発祥地と知られ、人の最古の足跡が残っています。

この国に青年海外協力隊として派遣され、約2年の間、美術教育に携わった山中美保先生を講師に迎え、子どもイベントを開催します。

最初に、タンザニアについて、クイズや写真を交えてお話しいただきます。
お話の後には、人類発祥地オルドバイ渓谷の足跡にちなみ、一人ひとりの手形をとり、絵を描いたり、小石や木の枝などで装飾し、室内オーナメントをつくります。

お話とワークショップに参加して、アフリカやタンザニアの魅力に触れてみませんか?

講師:山中 美保氏(東京都公立小学校教員、青年海外協力隊OV)
【略歴】
長年、東京都の小学校に図画工作専科教員として勤務。現職教員参加制度を活用し、青年海外協力隊平成16年度1次隊に参加。タンザニアで美術教員として活動した。


対象:小・中学生(注:小学校低学年の参加ご希望の方は、保護者同伴でご参加ください。「お申込み」ボタンからお申込みの場合はお子様の学年または年齢をご記入ください。)

定員:40名(先着順)

参加費:無料

参加方法:下記問合せ先まで、電話またはEメールにてお名前、ご連絡先をお知らせのうえ、お申込みいただくか、または下記の「お申込み」ボタンからお申込ください。

お願い:当日は汚れても良い服装でご参加ください。お一人につき1枚、タオルをご持参ください。

※「お申込み」ボタンからお申込みの場合は、受付完了のメールをお送りします。もし届かない場合は、お手数ですが、地球案内デスクまでお問合せ願います。受付完了メールは、お客様のメール受信設定により、受け取れない場合や迷惑フォルダに振り分けられることもあります。

展示・イベント情報