1日3食プロジェクト報告会 -栄養のある給食をラオスの子どもたちに届けるための挑戦-

日本ハビタット協会がラオスで実施している1日3食プロジェクトの報告会を実施します!

ラオスの学校には給食がないため、特に山間部など貧困の激しい地域では、成長期にもかかわらず、1日2食しか食べていないという子どもがたくさんいます。また、そうしたわずかな食事も、もち米と野菜のみであるなど、十分な栄養をとれているとは言い難い状況があります。

そこで、日本ハビタット協会は、学校での養鶏を通して、子どもたちに栄養のある給食が行き渡るよう支援を行なっています。

今回の報告会では、日本の学校生活では身近な給食から、ラオスの子どもたちの生活、貧困問題について参加者の皆さんと一緒に考えます!また、単に給食を提供するだけでなく、学校による安定供給を目指すというこのプロジェクトの特色を紹介し、「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けた今後の途上国支援についてご紹介します!

夏休み期間中ですので、国際協力、SDGs、まちづくり、ラオスや東南アジアに関心のある学生さんのご参加を特にお待ちしています!


申込方法:下記リンク先のFacebookページで「参加」を押していただくか、担当者までご連絡ください。(イベント前日まで申し込みを受け付けます。)

参加費:無料

展示・イベント情報