第1部 食品ロスを考えるドキュメンタリー映画「もったいない!」無料上映&トーク

映画「もったいない!」
配給:T&Kテレフィルム

現在開催中の企画展示「食べるコト 生きるコト」に関連して、ドキュメンタリー映画「もったいない!」の上映とトークを開催します。

映画「もったいない!」は、「食品ロス・廃棄削減」をテーマに撮影されたドキュメンタリー作品です。
本来食べられるのに、廃棄されている「食品(フード)ロス」。世界で生産されている食料の3分の1、1年間に13億トンの食料が、生産現場、流通過程、小売販売、家庭などあらゆる場面で、食卓にのる前に捨てられています。一方で、世界の9人に1人、約8億人が飢餓に苦しんでいます。捨てられる13億トンの食料は、世界の飢餓人口約8億人を十分養える量です。
本作は、日本をはじめ世界各国の食料が辿るあらゆる段階に関わる人々や専門家の話とともに、その驚愕の現実と原因、影響に迫り、私たちに何ができるのか探ります。

また、上映後の15時30分からは、本作にも出演し、世界数カ所で食品廃棄研究を行っている渡辺浩平氏よりお話を伺います。
映画「もったいない!」が製作された後、SDGs(持続可能な開発目標)に指標が示されたものの、何が食品廃棄にあたるのかの定義や、その測定方法はまだ標準化されていません。食品廃棄をめぐる、あまり変わらない現状や、家庭から排出されたごみの中身の分析、アンケート調査結果の国際比較などをご紹介いただきます。

作品情報:
【原題】TASTE THE WASTE
【監督】バレンティン・トゥルン
【制作年】2011年
【上映時間】88分

スケジュール:
13時50分から15時20分 第1回上映会
15時30分から16時30分 トーク(第1部・第2部共通)
(16時40分から18時10分 第2回上映会)

※第1部は、「第1回上映会及びトーク」です。第2部は、「トーク及び第2回上映会」です。共通する「トーク」では、第2部にご参加の皆さんも入場されます。座席は余裕をもってご用意いたしますが、どうぞご承知おきください。
※映画は、第1回・第2回とも同様の内容です。


講師:
渡辺 浩平氏(帝京大学 准教授)
【略歴】工学部や地理学部に所属し、大学で一貫して廃棄物研究を行っている。今までに研究拠点とした国は、日本、英国、マレーシア、米国、オーストリア。最近の研究テーマは食品廃棄物の発生(抑制)と、東南アジアでの都市廃棄物管理。

対象:ご興味のある方ならどなたでも

定員:100名(先着順)

参加費:無料

参加方法:下記問合せ先まで、電話またはEメールにてお名前、ご連絡先をお知らせのうえ、お申込みいただくか、または下記の「お申込み」ボタンからお申込ください。

※「お申込み」ボタンからお申込みの場合は、受付完了のメールをお送りします。もし届かない場合は、お手数ですが、地球案内デスクまでお問合せ願います。受付完了メールは、お客様のメール受信設定により、受け取れない場合や迷惑フォルダに振り分けられることもあります。

展示・イベント情報