「ゴミに生きる人々から考える、僕たち/私たちに何が出来る?」 ODA民間モニター・国際協力レポーターOG/OB会 第57回定例勉強会SDGs理解促進シリーズ 2

途上国支援や国際ビジネス等々で、グローバルな活躍を目指す老若男女の皆さんへ!「みんなでみてきた国際協力 by 国際協力レポーター/ODA民間モニターOG/OB会」から、“ゴミに生きる人々から考える、僕たち/私たちに何が出来る?” SDGs理解促進シリーズ 2」のご案内です。

2015年度より動き出しているSDGsに関し、その理解と、参加者自身の草の根実践の為に、今回は、SDGsゴール1と12に関係する“ゴミ問題”を題材に、解説、ビデオ視聴、ゲーム、ワークアウト等を行います。
主なメニューは、以下です。
・復習 SDGsとは?(17の開発ゴールの簡単な解説)
・“Go Goal! ”ゲームで、SDGsの復習と理解促進。
・世界中のゴミ山で暮らす人々のスライドを見ながら、ゴミ問題を考える。
・豊島@香川県を例に、不法投棄の処理の難しさを考える。
・“SDGsゴール収集ゲーム”で、Win-Win solutionを体感する。
・Free Discussion;僕ら/私たちに何が出来る? 何から考える?
 (話題提供として、途上国等の先進的ゴミ対策例を提示します)

(註)SDGs;持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの17項目の国際開発目標です。

参加ご希望の方は、事務局(bun.soda2007@gmail.com)まで、氏名(フルネーム)と職業、年代(例・60代 等)、メールアドレス(スマホかPC版推奨、ガラケーは不適)を、メールで連絡ください。

参加費:無料です。どなたでも参加できますが、(簡単な)英語表記のカードゲームもありますので、高校生以上が対象です。

締切:会場規模や教材の都合から、先着30名で閉め切りますが、枠押さえのための予約や、体調不良等の理由で、直前/当日にキャンセルになる可能性のある方は、他の参加希望者の参加機会の妨げになりますのでご遠慮ください。 

展示・イベント情報