伊藤忠商事の環境・CSRの取組みとSDGs

アマゾンマナティーの保全活動の様子

月間パートナー展示「伊藤忠商事株式会社」に関連して、同社の取り組みをご紹介するセミナーを開催します。

世界のさまざまな地域において、幅広い分野で多角的な企業活動を行っている総合商社 伊藤忠商事では「事業活動を通じて社会の期待に応えていくことが、その持続可能性を保ち、更に成長につながる」ということを強く認識しています。
「社会貢献活動基本方針」を定め、伊藤忠記念財団による次世代育成事業をはじめ、絶滅危惧種に指定されているアマゾンマナティーやアオウミガメの保全活動の支援、京都大学が国立アマゾン研究所と進めるアマゾンの熱帯林における生態系保全プログラム「フィールドミュージアム構想」の環境保全の取組みへの支援を通じて持続可能な社会に貢献しています。

講師:猪俣 恵美氏(伊藤忠商事株式会社 サステナビリティ推進室長代行)
【略歴】
伊藤忠商事株式会社に1990年に入社。
以降、企業理念CI(Corporate Identity)運動による企業文化構築、社内テレビ番組企画・運営などの広報業務に携わる。
2010年、ダイバーシティを担当、2012年よりCSR・地球環境室で社会貢献プロジェクトの立ち上げや「伊藤忠青山アートスクエア」(社会貢献型ギャラリー)プロデュースを行い、2017年4月より現職。

対象:ご興味のある方ならどなたでも

定員:100名(先着順)

参加費:無料

参加方法:下記問合せ先まで、電話またはEメールにてお名前、ご連絡先をお知らせのうえ、お申込みいただくか、または下記の「お申込み」ボタンからお申込ください。

※「お申込み」ボタンからお申込みの場合は、受付完了のメールをお送りします。もし届かない場合は、お手数ですが、地球案内デスクまでお問合せ願います。受付完了メールは、お客様のメール受信設定により、受け取れない場合や迷惑フォルダに振り分けられることもあります。

展示・イベント情報