セルビアの食文化

2月2日を「セルビア・デー」と題し、月間国別展示「セルビア共和国」関連イベントを多数開催します。その中の一つとして、セルビアの食についてご紹介するセミナーを開催します。

セルビアは西洋と東洋の交差点で様々な民族が栄えました。そのため食文化も多様で、オリエントとヨーロッパの面白いミックス料理と言えます。特にトルコからの影響はセルビアの南部で、オーストリア・ハンガリー帝国からの影響は北部で見られます。主食はパン。そして、素朴ですが素材をいかした肉料理や野菜料理がたくさんあります。
日本で買えるセルビアの食品やワインもご紹介します。

スピーカー:長門 ティヤナ氏(駐日セルビア共和国大使館 大使秘書)

対象:ご興味のある方ならどなたでも

定員:100名(先着順)

参加費:無料

参加方法:下記問合せ先まで電話、またはEメールにて、お名前、ご連絡先をお知らせのうえお申込みいただくか、または下記の「お申込み」ボタンからお申込みください。

※「お申込み」ボタンからお申込みの場合は、受付完了のメールをお送りします。もし届かない場合は、お手数ですが、地球案内デスクまでお問合せ願います。受付完了メールは、お客様のメール受信設定により、受け取れない場合や迷惑フォルダに振り分けられることもあります。

展示・イベント情報