ルワンダの算数教育にICTイノベーションを! -「さくら算数IM」を活用した授業の実際とその成果-

さくら算数IMを使って行われた算数の授業です。ふだんは手を挙げないような子までどんどん手を挙げています。先生も思わず笑みがこぼれます。

児童用のPCが約30万台配布されていますが、OSがLinuxということもあり、授業で使えるコンテンツがなく、倉庫にしまわれたままでした。さくら算数IMがインストールされたことでPCはよみがえり、子供達は喜々として学習に取り組みました。

月間パートナー展示「株式会社さくら社」に関連して、同社の取り組みをご紹介するセミナーを開催します。
算数の平均点が36点もアップ(22点→58点)!
これはルワンダで、公立小学校の先生がICT教材「さくら算数IM」を利用し授業をして、得られたテストの結果です。点数だけではありません。子ども達の様子・表情をご覧ください。どのようにしてこの成果は生まれたのでしょうか。
同国での一般的な授業の様子と、「さくら算数IM」の開発をするさくら社の取り組み、現地で行われた同教材を使った研修や授業の様子などを、写真やムービーを交えてお話しいただきます。なお、この取り組みはJICAの普及・実証事業としてアフリカのルワンダ国において現在進行形で実施されているものです。

講師:横山 験也氏(株式会社さくら社 代表取締役社長)
【略歴】
元小学校教員で専門は算数教育。一念発起して47歳で退職し、プログラミングを学びICT教材(算数ソフト)の開発を進める傍ら、教育書出版のさくら社を設立。算数は世界共通との認識から、同教材を使って初等教育における授業の質改善をテーマに、現在、アフリカのルワンダ国を対象に活動を推進中。

講師:松山 匡延氏(株式会社アイリンク 主任研究員)
【略歴】
アフリカの教育専門集団(株)アイリンクにて、民間連携事業を担当。ケニア、ルワンダでの基礎調査、案件化調査、普及・実証事業に携わっている。
岐阜県出身。大学で航空宇宙工学を学び、人工衛星開発の会社に就職。その後、青年海外協力隊としてルワンダへ赴任。帰国後、広島大学大学院で修士課程。

対象:ご興味のある方ならどなたでも

定員:100名(先着順)

参加費:無料

参加方法:下記問合せ先まで、電話またはEメールにて、お名前、ご連絡先をお知らせのうえ、お申込みいただくか、または下記の「お申込み」ボタンからお申込ください。

※「お申込み」ボタンからお申込みの場合は、受付完了のメールをお送りします。もし届かない場合は、お手数ですが、地球案内デスクまでお問合せ願います。受付完了メールは、お客様のメール受信設定により、受け取れない場合や迷惑フォルダに振り分けられることもあります。

展示・イベント情報