難民について知る『イージー・レッスン - 児童婚を逃れて』上映会&トーク

『イージー・レッスン - 児童婚を逃れて』(c)Eclipse Film

エチオピアに逃れてきたソマリア難民の家族。UNHCRは難民の多くを占める女性と子どものニーズに応じた多様な支援を実施。(c)UNHCR

世界では紛争や迫害により、7000万人を超える人が故郷を追われています。その多くは脆弱な立場にある子どもや女性たちです。

『イージー・レッスン - 児童婚を逃れて』は、わずか15歳で、故郷ソマリアでの児童婚から逃れるため単身ハンガリーにたどり着いた少女カフィアの物語。「娘だけは自由に生きてほしい」。そんな母親の想いを胸に、カフィアは懸命に勉強に励み、その美貌を生かしてモデル業も始めますが・・・。

一見順調な生活の裏側で、故郷との価値観とのジレンマに苦悩する日々。自分らしい生き方とは何か、自らと懸命に向き合い、模索する姿が描かれています。

上映後のトークでは、紛争下や難民の女性たちが直面する「性と性差に基づく暴力(SGBV)」の課題、その解決に向けてどんな支援が行われているのか、現場からの声をお届けします。

映画を通じて難民が直面する現実を知り、日本にいながら一人ひとりができることは何か、会場の皆さんと一緒に考える場になればと思います。

本作品は、UNHCR Will2Live映画祭2019上映作品です。本上映会は、UNHCR Will2Live Cinemaパートナーズとして行われます。
この機会に、ぜひご来場ください。

作品情報:
【原題】Easy Lessons
【監督】ドロッチャ・ズルボー
【制作年】2018年
【上映時間】78分
(注)上映は日本語字幕で行います。

内容:
19時 冒頭あいさつ
19時10分 映画上映(78分)
20時30分 トーク・質疑応答
21時 終了

講師:川内 敏月氏(UNHCR駐日副代表(法務担当))
【略歴】
東京大学法学部卒、英国ランカスター大学平和学専攻修士課程(M.A.)修了。1997年からUNHCR職員としてフィールドを中心にアフガニスタン、ボスニア・ヘルツェゴビナ、南スーダン、イランなどでの勤務を経て、2017年7月から現職。さまざまなパートナーと連携しながら、日本国内の難民保護・支援に取り組んでいる。

対象:ご興味のある方ならどなたでも

定員:100名(先着順)

参加費:無料

参加方法:下記問合せ先まで、電話またはEメールにてお名前、ご連絡先をお知らせのうえ、お申込みいただくか、または下記の「お申込み」ボタンからお申込ください。

※「お申込み」ボタンからお申込みの場合は、受付完了のメールをお送りします。もし届かない場合は、お手数ですが、地球案内デスクまでお問合せ願います。受付完了メールは、お客様のメール受信設定により、受け取れない場合や迷惑フォルダに振り分けられることもあります。

展示・イベント情報