【一般/中高生対象ワークショップ】JICA地球ひろばでみんなで考えよう!国連WFP~食べるから世界を考える~

©WFP / Ratanak Leng

©WFP / Michael Tewelde

国際協力共同キャンペーン「EARTH CAMP」ロゴ

今回のイベントは、国際協力共同キャンペーン「EARTH CAMP」のメインイベントとして開催します!

世界では、すべての人が食べるのに十分な食料が生産されている一方で、6億9000万人がいまだに毎晩空腹を抱えたまま眠りについています。

飢餓と栄養不良をなくすことは、私たちの時代に課せられた大きな課題の1つです。食事の量が足りなかったり、質が悪かったりすると、人々の健康状態が悪化するだけでなく、教育や雇用など他の多くの開発分野の進展を遅らせることにもなります。

しかし、飢餓や貧困という問題は、国連やNGO、現地の政府だけで解決できる問題ではありません。今回は、国連WFP(※1)職員の我妻茉莉氏をお招きし、「食」から世界を考えていただきます。
また、第二部では、中高生対象のワークショップを実施します。

講師:我妻 茉莉氏
国連WFP 国連世界食糧計画 日本事務所 広報コンサルタント

プロフィール:大学卒業後、広報関連での職務経験をしたのちアメリカの大学院で修士号を取得。大学院進学中、ニューヨークにある国連本部の国連平和維持活動の広報でインターン。OECD(※2)日本事務所で広報コンサルタント、在ケニア日本大使館での勤務ののち、現在は国連WFP日本事務所の広報として勤務。

対象:
第一部(前半30分):どなたでも参加可能
第二部(後半60分):中高生のみ(定員30名、先着順)

開催方法:Zoomによるオンライン開催
パソコンでも、携帯電話(スマートフォン)でも参加可能です。
第二部のワークショップは、Zoomのブレイクアウトセッション機能を活用し、4~5名でディスカッションします。

参加費:無料

参加方法:下記問合せ先まで、電話またはEメールにてお名前、学年、ご連絡先をお知らせのうえ、お申込みいただくか、または下記の「お申込み」ボタンからお申込みください。
複数名ご参加の場合は、各自お申込みの手続きをお願いします。
開催日の1営業日前に、JICA地球ひろばより当日使用するZoomのURLをご連絡します。

※「お申込み」ボタンからお申込みの場合は、受付完了のメールをお送りします。
もし届かない場合は、お手数ですが、地球案内デスクまでお問合せ願います。
受付完了メールは、お客様のメール受信設定により、受け取れない場合や迷惑フォルダに振り分けられることもあります。

※1: World Food Programme(世界食糧計画)
※2: Organisation for Economic Co-operation and Development(経済協力開発機構)

展示・イベント情報