ワークショップ【対象:小学5年生から中学3年生まで】あなたにとって大切な「モノ」とは?-協力隊の生活と活動から学ぶ「モノ」への考え方-

私たちの身の回りにはさまざまな「モノ」であふれています。
「みなさんは普段の日常生活で身の回りにあるモノを大切に使っていますか?」
「あなたにとって大切なモノとは何でしょうか?」

小学5年生から中学3年生までを対象に、身の回りにある「モノ」をテーマに「世界の人たちとの考え方の違い」を理解するきっかけになるイベントを開催します!

JICA海外協力隊は世界各国の開発途上国で、いろいろな考えを持った人たちと一緒に生活しながら活動をしています。
今回は、アフリカのエチオピアで活動した協力隊経験者が、現地の人たちと暮らす中で考えさせられた「モノに対する考え方」について紹介します。

体験談やワークショップでの意見交換から、自分自身と世界の人たちとの考え方の違いをよりリアルに感じることができます。

みなさんなら違う考えを持った人たちと出会った時に、何を考え、どのように接することができるでしょうか?
この機会にそれぞれの考え方について理解を深めてみてはいかがでしょうか?

ワークショップに初めて参加される方も大歓迎!
身の回りにある「モノ」について考えるきっかけに、ぜひご参加ください!

参加の際は「あなたにとって大切だと思うモノ/大切に使っているモノ」をあらかじめご準備ください。

講師:篠木 伊貴(JICA地球ひろば 地球案内人)

対象:小学5年生から中学3年生まで
定員:30名(先着順)

開催方法:Zoomによるオンライン開催
パソコン(※推奨)でも、携帯電話(スマートフォン)でも参加可能です。
グループディスカッションはZoomのブレイクアウトセッション機能を活用し、4~5名でディスカッションします。

参加費:無料
準備する物:「あなたにとって大切だと思うモノ/大切に使っているモノ」

参加方法:下記問合せ先まで、電話またはEメールにてお名前、ご連絡先、学年または年齢をお知らせのうえ、お申込みいただくか、または下記の「お申込み」ボタンからお申込みください。
複数名ご参加の場合は、各自お申込みの手続きをお願いします。
開催日の1営業日前に、JICA地球ひろばより当日使用するZoomのURLをご連絡します。

※「お申込み」ボタンからお申込みの場合は、受付完了のメールをお送りします。
もし届かない場合は、お手数ですが、地球案内デスクまでお問合せ願います。
受付完了メールは、お客様のメール受信設定により、受け取れない場合や迷惑フォルダに振り分けられることもあります。

展示・イベント情報