“生物に学ぶイノベーション(生物模倣;バイオミメティクス)” (国際協力レポーター・ODA民間モニターOG/OB会;第64回定例勉強会)(SDGs理解シリーズ;第9回)

途上国支援や国際交流に関心がある高校生以上の皆さんへ!

「みんなでみてきた国際協力 by 国際協力レポーター/ODA民間モニターOG/OB会」から、 “生物に学ぶイノベーション(生物模倣;バイオミメティクス)” (国際協力レポーター・ODA民間モニターOG/OB会;第64回定例勉強会)(SDGs理解シリーズ;第9回)のご案内です。

生物模様あるいは、生物規範工学、バイオミメティクスあるいは、バイオミミクリーについて聞いたことはありますか?
38億年にも及ぶ生物の進化の歴史から、生物(動物も植物も)が獲得した形態や機能、あるいは生き方等々を学び、我々の生活にイノベーション(革新)をもたらそうと言うアプローチです。
世界(あるいは人類)は今、沢山の問題を抱え、色々な意味で限界に近づいている様に思えます。MDGs/SDGs(※)が定められたのも、それが背景です!
ここを乗り越え、持続可能な世界をもたらす為に、生物(動物も植物も)が獲得した“進化の成果=造化の妙”から、ヒントを学びましょう!
本勉強会では、沢山の事例(生物の進化例⇒人間の生活への応用例)を紹介します。「へぇ~!」、「ほぉ~!」が溢れる楽しい4時間半です!

当日は、以下を予定しています。
1.地球と人類の進化!(生物38億年の進化)
2.人類20年の進化と現在(便利さ・豊かさの代償?)
3.SDGsと17Goal(持続可能な社会へ!)
4.自然や生物から学ぼう!(生き物の凄い所を探そう!)
(生物模倣とその具体例?)
5.クロージング! (何処にでもある創造性!)

(※)SDGs;持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの17項目の国際開発目標です。

参加ご希望の方は、事務局(bun.soda2007@gmail.com)まで、氏名(フルネーム)と、職業(例:会社員)、年代(例:60代等)、連絡メールアドレス(スマホかPC版で、ガラケーは不適)、参加経験(例:初めて、3回目等)、応募の動機(例:頑固な頭を解したい等)を、必ずメールで、事前連絡をお願いします。(電話での申し込みは、出来ません)

参加費:無料
対象:どなたでも参加できますが、内容レベル的には、高校生以上が想定対象です。 必ず“マスク着用”でご参加ください!

JICA市ヶ谷ビル1階の受付に尋ね、6階セミナールーム600まで直接お越しください。

締切:会場規模やコロナ対策等の都合から、先着20名で閉め切ります。
注意:コロナ再発の状況等により、開催中止する可能性があります。
警告:最近、無断欠席や直前のキャンセルが増えて困っています。当日参加出来なくなる可能性のある方は、エントリー遠慮下さい。

展示・イベント情報