【対象:小学5年生から高校生まで】【月間特集】夏休み企画「南の島の環境問題を考えよう!」

「太平洋地域ハイブリッド発電システム導入プロジェクト」において、フィジーの研修センターでのヒアリングの様子

「大洋州地域廃棄物管理改善支援プロジェクトフェーズ2」が支援するサモア・リサイクル協会で、リサイクルのためペットボトルを洗浄するボランティア

「サモア気候変動に対する強靭性向上のための大洋州人材能力向上プロジェクト」において第1回研修での実習の様子

大洋州の青い海に囲まれた南の島と聞いて、どんな風景が思い浮かびますか?
ミクロネシア、メラネシア、ポリネシアの国々は、日本と様々なつながりがあります。

今年7月2日には、第9回太平洋・島サミット(Pacific Islands Leaders Meeting 9、以下PALM9)がオンラインで行われ、日本を含む19カ国のリーダーたちが参加しました。
サミットでは、島国ならではの「国土が狭い」、「自然災害や気候変動に弱い」などの課題について、各国のリーダーたちと話し合いを行っています。

今回、PALM9開催を記念して、南の島の国々の環境問題について、JICAがどんな国際協力を行っているのかを、クイズも交えてお話しします。
夏休みの自由研究としてもおすすめです!
南の島について楽しく学んでみませんか?ぜひお気軽にご参加ください。

(注)太平洋・島サミット(PALM)は、太平洋に広がる、ミクロネシア、メラネシア、ポリネシアの国々と日本との関係強化を目的に、1997年から3年に一度日本で開かれている国際会議です。

講師:
三村 悟氏(大洋州地域廃棄物管理改善支援プロジェクトフェーズ2・チーフアドバイザー)
プロフィール:
JICA地球環境部専任参事、福島大学うつくしまふくしま未来支援センター客員教授

小川 眞佐子氏(サモア気候変動に対する強靭性向上のための大洋州人材能力向上プロジェクト・チーフアドバイザー)
プロフィール:
環境省大臣官房付

プログラム(案):
10時30分から
 開会、大洋州の国々とJICA事業についてクイズを交えながら紹介
10時50分から
 南の島のごみ問題、質問コーナー
11時10分から
 気候変動の影響とその対策、質問コーナー
11時30分から12時
 南の島の電力問題とJICAの協力、質問コーナー、閉会

対象:小学5年生から高校生まで(※対象以外の方も参加可能です。クイズは対象者のみの参加となります。)

開催方法:Zoomによるオンライン開催
パソコンでも、携帯電話(スマートフォン)でも参加可能です。

参加費:無料

参加方法:下記問合せ先まで、電話またはEメールにてお名前、ご連絡先、学年または年齢をお知らせのうえ、お申込みいただくか、または下記の「お申込み」ボタンからお申込みください。
複数名ご参加の場合は、各自お申込みの手続きをお願いします。
※開催日の1営業日前に、JICA地球ひろばより当日使用するZoomのURLをご連絡します。お客様のメール受信設定により、受け取れない場合や迷惑フォルダに振り分けられることもあります。

※「お申込み」ボタンからお申込みの場合は、受付完了のメールをお送りします。
もし届かない場合は、お手数ですが、地球案内デスクまでお問合せ願います。
受付完了メールは、お客様のメール受信設定により、受け取れない場合や迷惑フォルダに振り分けられることもあります。

展示・イベント情報