高校生プレゼンテーションコンテスト

テーマ:「日本の"当たり前"と世界をつないで、何ができるか」

【高校生プレゼンテーションコンテスト】

テーマ:「日本の"当たり前"と世界をつないで、何ができるか」

応募資格:日本全国の高校1年から2年生(個人又はグループ)
※3年生での場合は要相談。前向きに検討します。

応募方法:ホームページよりエントリー(画面下部の関連リンク)

参加費:無料

応募締切:
【第一次】2021年10月12日(火曜日)必着
【第二次】2021年11月30日(火曜日)必着
【最 終】2022年1月7日(金曜日)必着

賞品:
最優秀賞(最大1グループ) 奨学金2万円
優秀賞(最大2グループ) 奨学金1万円
国際学部生賞(最大1グループ) 奨学金5千円

募集要項:
1. コンテストの目的
「SDGs」、「ポストコロナ社会」、「日本の伝統文化」のいずれかの切り口から、日本のものの考え方や、私たちの日常の中の"当たり前"を、世界で今起きている出来事とつなぎ、人類・地球にとってなにか良いことができないか...。
これからのグローバル社会を担う若者たちの自由で魅力的な提案を"世界"に発信していこうというのが、このコンテスト開催の目的です。
プレゼンテーション作成に際しては、国際学部教員と学生スタッフのサポートがつき、高校生の皆さんの"思い"を世界に届けるお手伝いをします。

麗澤大学国際学部は「グローバル人材育成」にこだわりをもっています。
我々の考えるグローバル人材のあるべき姿を世の中に問う機会として、このプレゼンテーションコンテストを開催します。

ポイント
・説明会等ご希望の場合は、教員が学校まで出向いて実施します。※遠方の場合は、オンラインにて実施します。
・ご希望があれば、「パワーポイントの作り方」「プレゼンテーションの方法」「SDGsについて」など、出張講義も可能です。
・学生と教員が一緒に高校まで出向き、ワークショップ等の実施が可能です。
・エントリー方法やプレゼンテーションのテーマなどに困っている場合も、個別相談にてサポートが可能です。
・プレゼンテーションの結果は産経新聞に掲載されます。
・総合型選抜にも利用可能です。
・オンラインでの参加も可能です。

2. 応募資格
日本全国の高校生1年生から2年生(個人又はグループ)
※3年生での場合は要相談。前向きに検討します。

3. 募集内容
(1)「SDGs」、(2)「ポストコロナ社会」、(3)「日本の伝統文化」のいずれかの切り口から、日本のものの考え方や、私たちの日常の中の"当たり前"を、世界の出来事とつなぎ、人類・地球にとってなにか良いことができないかを提案する
エントリー時に3つのテーマから選択してください。

エントリー時(締切日)には、所定のフォームに「プレゼンテーションアイディア」をご記入いただき、提出してください。(300字程度、現時点でのアイディアで結構です。)

第一審査を実施し、その結果をメールにてご連絡いたします。第一次審査は「プレゼンテーションアイディア」の内容で審査します。
コンテストの参加者にはオンラインで面談を実施します。面談の日程などは後日メールにてご連絡します。
高校単位でこのコンテストを活用し、模擬授業等の実施をご希望の場合には、別途ご相談いただければ対応いたします。

本プレゼンテーションコンテストは参加グループに必ず学生スタッフがサポートにつきます。
また、プレゼンテーションの作成や発表サポートなど、最後までバックアップ体制を整えてサポートします。

プレゼンテーション作成に際し、国際学部教員がICT(Information and Communication Technology=情報通信技術)教育に関わるサポートを行うことも可能です。ご希望の場合には、別途ご相談ください。

5. エントリー方法
本コンテストへのエントリーは、麗澤大学ウェブサイトよりアクセスして、所定のフォームに必要事項を記入してください。
その際に「プレゼンテーションアイディア」をご記入いただきます。

展示・イベント情報