【日印協力のシンボル、デリーメトロの20年】デリーメトロは人を運ぶだけじゃない!?インドの生活にもたらしたものとは?(JICAによる日本・南西アジア交流年シリーズ第三弾)

今年、日本とインドは国交樹立70周年を迎えました。
長きに亘る両国のパートナーシップの節目に、インドの魅力を紹介します。

インドといえば、カレー、チャイ、タージ・マハル、ヨガ、ガンジス川、インド映画などさまざまなイメージがあると思いますが、実はインドの「地下鉄」にも深い魅力があります!

本セミナーでは、JICAが長年に亘って協力してきた「デリーメトロ」について紹介します。

インド最大の都市圏人口を抱える首都デリーでは、大量高速輸送システムが整備されていない頃、人々はバスや自家用車で移動せざるを得ませんでした。
そこでJICAは1997年からデリーメトロの建設を支援してきました。
現在市民の交通手段として親しまれているデリーメトロは、2002年の開業を皮切りに、地下鉄の延伸を進め、現在1日の乗客数はおよそ500万人、全長はおよそ390キロメートルにも及びます。これは東京メトロの195キロメートルをしのぐ長さです。

いまや、世界最大級のメトロとなったデリーメトロがインドにもたらしたものは単純な交通の利便性だけではありません。
果たして日本の協力は、インド人の日々の生活、環境、価値観、そして社会全体を前例にとらわれない新たな挑戦と適応を通してどのように変え、何をもたらしたのでしょうか・・・?

デリーメトロ公社の広報部門Principal Executive Directorを務めるAnuj Dayal氏に、デリーメトロがインドの社会や人々の暮らしにもたらしたものなどについてお話しいただきます!

登壇者:Anuj Dayal氏
デリーメトロ公社の広報部門Principal Executive Directorを務めている企業広報の専門家。
インドで最も優れた広報動画を制作したとして、2度のナショナル・アワードを受賞。プロジェクト・マネジメントに関する本も執筆しており、著書はハーバード・ビジネス・スクールでも高く評価されている。

対象:ご興味のある方ならどなたでも

開催方法:Zoomによるオンライン開催
パソコンでも、携帯電話(スマートフォン)でも参加可能です。

参加費:無料

お申込み方法:下記Eメールまたはお申込みボタンより、[1.セミナー名 2.お名前(ふりがな) 3.電話番号 4.メールアドレス 5.ご所属]をご明記の上、お申込みください。

開催日の1営業日前に、JICA地球ひろばより当日使用するZoomのURLをお送りします。
※受信設定をしている方は、迷惑フォルダに振り分けられないように設定をお願いします。
万が一、受信確認メールやZoomのURLが届かない場合は、下記電話番号までお問い合わせください。

展示・イベント情報