企画展示 JICA地球ひろば設立10周年記念企画展「学び・未来・よりよい世界に!」

開催期間:2016年5月10日から9月11日

【画像】

世界で学校に通えない子どもは、2000年には約1億人いました。
その後、さまざまな取り組みや支援によって、2013年には5,900万人までに改善しました。
しかし、教育に関する課題はまだまだ多く残されています。学校に通っていても基礎的な読み書きや計算ができない子どもは2億5000万人もいます。紛争や災害の影響により学校に通うことができない子どもも数多くいます。また、教育を受けても知識・技術・技能不足などの理由から仕事に就くことができないという問題も見られます。
今、こうした多様な課題にどのように応えることができるか、国際社会の支援のあり方が問われています。
日本では、これまで開発途上国への教育支援を積極的におこなってきました。
小・中学校へのアクセスや教育の質を向上させる支援をはじめ、日本の大学と連携した大学への支援、日本の経済発展を支える技術者育成の経験を活かした職業技術教育・訓練に力を入れてきました。また、ボランティアの派遣により、情操教育や体育など、日本ならではのきめの細かい教育支援も行っています。さらにNGOや民間企業などによる活動も活発に行われています。
「学び」の実現は、貧困、保健、紛争やジェンダー問題など、世界のあらゆる問題につながる大切なもの。
この企画展を通じて、わたしたち一人ひとりが世界の学びの実現に向けてできることを考えるきっかけにしていただきたいと思います。

※チラシはこちらをご覧ください。

展示・イベント情報