写真パネル展「ラグビーの可能性-アジアンスクラムプロジェクトの取り組み-」

(公財)日本ラグビーフットボール協会(JRFU)では、2011年からアジアにおけるラグビー普及「アジアンスクラムプロジェクト(ASP)」に取り組んでいます。
ASPはアジア初開催となるラグビーワールドカップ2019日本大会のためのレガシープログラムImpact Beyond2019の一環に位置付けられています。
これまで、ASPでは”Engage, Asia! Asia and Japan Rugby bind to inspire the World through the Spirit of Rugby!”
「ラグビースピリットを通じて世界を奮い立たせろ!」というビジョンを掲げ、東南アジアを中心にプロジェクトを実施してきました。

今回の展示ではASPで取り組むJICA-JRFUスクラムプロジェクトやSport for Tomorrow等の写真をご紹介します。

※ASPでは、持続的な開発目標(SDGs)の17の目標のうち、とくに次の3つの目標に取り組んでいます。
目標3 あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する
目標4 すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する
目標5 ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う

展示・イベント情報