#ImTeachingBecause 先生たちの思いをつなげよう!

キンベリー・ボリナガ先生(フィリピン)

岩塚善哉先生(青年海外協力隊・ナミビア)

#ImTeachingBecauseキャンペーンは、2018年9月~11月にザンビアIPeCK(教員養成校と学校現場との連携による教育の質改善)プロジェクトに派遣されたJICAインターンの桑山碧実さんの発案をきっかけに生まれました。

アフリカ南部のザンビアでは2005年から取り組み続けている授業研究活動により、教員の姿勢や心構えに変化が生まれています。桑山さんは、授業の担い手となる小中学校教員や、教員の卵を育てている教員養成校教官の“教師としての思い”を形に残そうと、#ImTeachingBecauseをキャッチフレーズに多くの先生方にインタビューを行いました。

そこで、IPeCKプロジェクトでは、ザンビアの先生の子どもや教育に対する熱い思いを広く世界に発信し、他国でも同じようにがんばっている世界中の先生たちとつながり、励ましあうことができたらよいと思い、#ImTeachingBecauseキャンペーンを実施しました。

これまでにアフリカやアジアの先生から集まった写真とメッセージの中からいくつかを展示しますので、ぜひ、この写真展を通して、各国の先生たちの熱い思いを感じてください。

展示・イベント情報