写真展「美しきイラン」

ナスィーロルモルク・モスクの内部

ダレイオス1世の宮殿に描かれたレリーフ

本展では、イラン・イスラム共和国の美しい自然や建物をテーマにご紹介します。

イラン南部のシーラーズ市へ赴くと、ペルシャ帝国の古代遺跡とイスラム以降の歴史的建造物の両方を一度に楽しむことができます。
通称ピンクモスクと呼ばれるシーラーズのナスィーロルモルク・モスクは、19世紀ガージャール朝期に建設されました。朝の光がステンドグラス越しに差し込むと、モスク内部が美しい光で満たされます。

シーラーズから北へ約74キロの場所にアケメネス朝ペルシャの古代遺跡ペルセポリスがあります。
この遺跡は紀元前6世紀にダレイオス1世により建設され、紀元前331年にアレクサンドロス王により滅ぼされました。
イランの様々な風景や歴史をご覧ください。

また、6月28日から月間国別展示として、1階ロビーでの展示と、2階J’s Cafeにてイラン大使館イラン文化センターお墨付きメニューの料理を提供します。

展示・イベント情報