お知らせ・トピックス

東京私立中学合同説明会2017にブースを出展しました!

2017年5月24日

展示ブース

SDGsクイズ

5月21日(日曜日)に開催された「東京私立中学合同相談会」。8年目となる今年も、去年に引き続き、約1,350名の皆さんに地球ひろばのブースにお越しいただきました。

今年の地球ひろばは、「SDGs(持続可能な開発目標)」をテーマに、例年の展示での参加に加え、ワークショップも開催しました。貧困や環境問題など、地球上の課題解決のために全ての人が取り組むべき約束事として国連で採択されたSDGs。ブース内では、そんなSDGsに関連するクイズを実施し、お答えいただいた方には文房具や缶バッジなどの記念品をお渡ししました。SDGsを初めて聞く方にも、具体的なクイズを通して、地球上のどのような問題がSDGsと関わってくるのか、身近に感じていただけたかと思います。それ以外にも、食を通して日本と開発途上国のつながりを学ぶ寿司ネタや岡持ちの展示物などもあり、開発途上国の課題が他人事ではないことに驚き、目を丸くしているお子さんもいらっしゃいました。

中学入試にもSGDsに関係のある問題がたくさん出されているということで、中学受験塾の日能研の協力を得て中学受験に出るSDGsのパネルも展示しました。

一方、ワークショップは、「SDGsの達成のために自分に何ができるか」について話し合われ、参加したお子さんたちは皆真剣に意見を出していました。短い時間ながらも、「一人で頑張るのではなく、仲間と協力して取り組む」というグループワークを通して、目標達成にはどんな行動が必要なのかを考えるきっかけになったようでした。

地球ひろばとしては、クイズに精を出すお子さんやワークショップに熱心に取り組むお子さんの姿を見て、SDGsについて皆さんにお知らせすることの意義を感じられた1日となりました。これからも、地球ひろばでは、SDGsに関する情報を発信し続けていきたいと思います。

今回の展示にお越しくださった皆さん、JICA市ヶ谷ビルの展示にもぜひお越しください。

ニュース