お知らせ・トピックス

2016年度グローバル教育コンクール受賞作品が掲載されました!

2017年5月30日

2016年度グローバル教育コンクールの受賞作品を掲載しました。
「写真」部門203作品、「グローバル教育取り組み」部門77作品、総数280作品の中から選ばれた作品を、下記関連リンクよりどうぞご覧ください。

受賞者の想い

作品情報一覧表「作品を通して伝えたいこと」より抜粋
【グローバル教育取り組み部門】
JICA理事長賞・滋賀県立米原高校・堀尾美央先生
「本校は田舎の公立高校であり、校舎は山に囲まれ、外国人よりも猿の方が多い環境にある。(中略)教員の力と、どの学校でも用意できる設備だけで実施できる、普遍的なグローバル教育の方法として、このSkypeを活用した取り組みを紹介したい。」
【写真部門】
JICA理事長賞・グローバルインディアンインターナショナルスクール・川戸太陽さん(小学生)
「インド最大、いや、世界最大の洗濯場。洗濯を職業とする人々(カースト)のことをドービーという。母いわく、20年前と比べて変わったのは、遠くに見える高層ビルだけだそうだ。インドは発展し続けているのに、ドービーの人たちの生活は何も変わっていないことに、僕は衝撃を受けた。」

グローバル教育コンクールとは

グローバル化が進む昨今、世界が抱える様々な問題を、自分たちの問題として考え、その解決のために自ら行動に移すことのできる人が、ますます必要とされるようになってきました。そのような人を育成するために、2013年よりグローバルな視点をもった教育を実践する際に活用できる作品のコンクールを行い、「写真」「グローバル教育取り組み」二つの部門での秀でた作品を表彰しております(2016年度をもって、本コンクールは一旦終了いたします)。

ニュース