お知らせ・トピックス

6月は難民支援メニューをご提供いたします

2017年6月6日

実は日本には今、世界各国から逃れてきた難民が約2万人暮らしています。彼らの多くは、日本を選んでやってきたのではなく、母国から逃れる先を探す中で、最初に日本行きのビザを手に入れることができたからという偶然の理由で来日しています。そして、日本での難民申請の厳しさに直面し、更なる不安にさいなまれている状況です。

6月は、「Meal for Refugeeメニュー」として、定価680円の中から20円をNPO法人難民支援協会(JAR)を通じた難民支援への寄付とする週替わりメニューをご用意いたします。これは、日本にいる難民の故郷の味を紹介する大学生とJARによる難民支援プロジェクトの一環です。
第一週の6月5日からは、ザハーニハ ワルウルズです。シリア風のほうれん草と牛挽肉のソテーを、パスタ入りピラフに添えています。
どうぞご賞味ください。

ニュース