お知らせ・トピックス

「FASHION AS ACTION フェアトレード&エシカル・ファッションショー」写真展開催中!

2017年10月19日

ウェディングドレスは、柔らかな風合いのオーガニックコットンで

つくる人も笑顔でいてほしい!

写真展

グローバルフェスタJAPAN2017で行われた、「FASHION AS ACTION フェアトレード&エシカル・ファッションショー」の写真展を、JICA地球ひろば体験ゾーン奥(1階)で、
11月17日まで開催しております。

人にも環境にも社会にもやさしいオーガニック・コットンやリサイクル素材を活かし、途上国の生産者に公正な対価でお仕事を創出するフェアトレード&エシカルを広く知っていただきたいと願い、グローバルフェスタJAPAN2017では「FASHION AS ACTION フェアトレード&エシカル・ファッションショー」を開催しました。
SDGs ゴール12「つくる責任 つかう責任」に焦点を当て、身近なファッションを入口におしゃれを楽しみながら「責任ある消費」を考えました。
このショーの模様を、写真と動画でご覧いただけます。

ショーでは、11のエシカルファッションブランドにご協力いただき、5つのコンセプト、「ゴミはどうやって減らせるの?<アップサイクル>」、「つくる人も笑顔でいてほしい!<fair trade>」、「伝統を守ろう!<craftsmanship>」、「循環できるサークルを描こう!<sustainable material>」、「未来をハッピーに!<wedding>」に沿って様々なファッションシーンを展開。
例えば、何通りにも着られることで、いろいろな場面に使える。長く、大事に着ることが、ゴミを減らす行動になります。
有機栽培を実行し、農薬を使わないことが、栽培する人たちの健康に配慮することにつながります。
また、障害のある方がデザインした衣服はとても斬新な色使いで、ファッションを楽しみたいという思いが共有できます。

そして、このファッションショーのハイライトと、ショーをプロデュースしてくださった原田さとみさん(JICA中部のオフィシャルサポーター)のトークダイジェストも、YouTubeにアップされました。
スタイリッシュで見ごたえのある動画に仕上がっておりますので、ぜひご覧ください!

【総合プロデュース】原田さとみ(エシカル・ペネロープ(株)代表 JICA中部オフィシャルサポーター)
【衣装スタイリング】竹村 伊央(Ethical Fashion Japan 代表)
【協力ブランド】
アトリエふわり、たいせつプロダクト、Cil、ilo itoo、Kappa、KISSACO、Liv:ra、SAKURA堂、SOIL&RAIN、INHEELS、ピープルツリー (順不同)

写真提供:久野真一/JICA

ニュース