ひろばニュース

日本医療大学がほっかいどう地球ひろば訪問

2018年3月7日

数年に一度の妄吹雪という悪天候の中、地球ひろばに訪問してくださった日本医療大学の看護科・理学療法科・放射線科の1年生7名と教員4名の方々に、アフリカ赤道直下の国ガボンでの青年海外協力隊体験談(作業療法士)を実施しました。
医療系学生さんたちは、皆さん熱心に話へ耳を傾けて聞いてくださり、また保健医療のプロを目指し同じ方向を向いている参加学生、引率の教員の方々、体験談を担当する職員も一体となり、少し踏み込んだ医療の現場の話をしました。
一緒にプログラムを進めながら、それぞれが人と向き合う仕事の奥深さを改めて実感しました。
大雪の中、センター訪問に来てくださった皆さま、ありがとうございました。

ひろばニュース