ひろばニュース

市立札幌開成中等教育学校がほっかいどう地球ひろば訪問

2018年8月22日

8月6日から10日までの5日間、リサーチ型企業研修として市立札幌開成中等教育学校の3年生と4年生(高校1年生)の4名の生徒さんが訪問してくれました。
この5日間で、ほっかいどう地球ひろばの国際理解プログラムを学び、夏休みの高校生プログラム、小学生プログラムに参加、お手伝い頂きました。


今回、JICA北海道(ほっかいどう地球ひろば)で五日間研修させて頂き、JICAが海外の様々なバックグラウンドをもつ人々とどの様に関わっているのかについて深く学ぶことができました。ボランティアで派遣されていた方々の体験談を伺って、技術を教えに行った先で人間としてのあり方、教訓を教わって帰ってきたというお話が印象に残りました。どの国に行っても、行った事を後悔したと仰っていた方はいらっしゃいませんでした。それどころか、皆さんが今でもその土地のことを想って生活していると分かりました。また、JICAは派遣された方々の体験を一般の方々に伝える活動も熱心に行っていました。私は高校生プログラムに参加させていただき、また小学生夏休みプログラムのお手伝いをさせていただくことができました。それぞれの年代にあったトピックをそれぞれに合った内容で教えていて、参加者も皆、新しい知識と視点を持つことができていました。海外からとても参考になる体験談を持ってきて、それを今度は地元の人々に広めているJICAは国際協力においてとても重要な役割を担っていると分かりました。まさに think globally, act locally を体現していると感じました。私は今まで国際協力に関して海外に行くというイメージを主に抱いていましたが、それを持ち帰って広めることも国際協力の重要な一部分であると学びました。今回学んだことを活かして、ローカルな視点で考えることも意識しようと思います。この度は本当にありがとうございました。 
私立札幌開成中等教育学校 4年 吉村磨己

 


今回、5日間のJICA北海道(ほっかいどう地球ひろば)の企業研修を通して、“国際協力”のあり方・魅力、さらに、日本での国際協力について学ぶことができました。私はこの研修を受けるまで、JICAといえば“海外で活動されている”と言うイメージで、日本ではどの様なことが行われているのかを理解できていませんでした。これが、わたしが企業研修にJICA北海道(ほっかいどう地球ひろば)を選んだ理由でもあります。5日間の研修を通して分かったことは、小さな仕事の積み重ねが大きな国際協力の輪につながるということです。日本で国際協力に関するイベントを開催する、そのイベントで使う資料の準備をする、イベントに参加して国際協力について学ぶ、このように日本での小さなことの積み重ねが将来の国際協力を生みだすのだと強く実感し、とても印象に残りました。また、青年海外協力隊の体験談を聞かせていただいた時、みなさんが楽しそうにうれしそうに話している姿を見て国際協力や、それを通してできる人とのつながりの魅力を感じ、私も将来は海外で国際協力に携わりたいと心から思いました。今回の研修で学んだたくさんのことは、自分の将来や今後の生活に活かすことはもちろん、自分の周りにいる人や海外の人にも伝えていきたいと思います。この度は本当にありがとうございました。
市立札幌開成中等教育学校 3年 奈良岡千夏

 


私はこの企業研修で、JICA北海道(ほっかいどう地球ひろば)に行かせていただき、たくさんの驚きがありました。私は今まで、ほっかいどう地球ひろばに行ったことがなかったため、まさか五日間も受け入れていただけるなんて思っても見ませんでした。しかし、JICAのセンターに行ってみると、一般市民向けの展示スペースが充実していて、そこに実際に訪れている一般の方も多く見られて、JICAは札幌市民に世界各国のことを理解してもらえるような工夫がたくさんあって、世界の問題を身近に感じてもらえる、そんな空間をつくっているのだな。と知ることができ、とてもいい経験になりました。
そして、実際に青年海外協力隊として開発途上国に行った皆さんのお話を聞いているうちに、やっぱり現地に行って現地の人と話し合いながら協力をしていくという、現地でしかできない体験をしているのだと知り、ますます青年海外協力隊に憧れを抱きました。
ここでの学習でJICAは地域に寄り添ってたくさんのイベントを計画したり、現地に行ってボランティア活動をしたり、外国人研修員を北海道で受け入れるなど、たくさんのことを行っていることがわかり、とても楽しく、いい研修になりました。この五日間、本当に充実した研修ができました。JICAの皆さん、ありがとうございました。
市立札幌開成中等教育学校 3年 佐々木杏華

 


僕はこの企業研修でたくさんのことを学ぶことができました。
まずJICAの施設のことです。今まで僕はJICA北海道(ほっかいどう地球ひろば)に来たことがなかったため、基本的なJICAの施設のことも知りませんでしたが、それを知れただけでなくJICAのセンターの中で活動していると、普通では知ることができないようなことも知れたり、JICAについて詳しくなったような感じがしました。海外からの研修員の方への配慮や、一般の方々へ向けても世界で起こっている問題を分かりやすく理解してもらうための工夫にあふれていました。次に青年海外協力隊の方体験談です。普段は聞けないような話・聞いたこともないような話でいっぱいでした。お話してくださった方も、丁寧な話し方で少しでも分かりやすく伝えようという気持ちが伝わってきてとてもうれしかったです。イベントでは前日の準備から参加させていただき、すべてではないにしろ準備過程にも携われて、学ばせていただきとてもためになりました。参加させていただいた高校生プログラムのイベントでは、SDGsという世界が抱えている問題について考える時間が持てて、さらに自分より年上のしっかりした考えを持っている人と交流させていただき、よりいっそう考えが深まりました。スタッフとして参加させていただいた小学生プログラムでは、前日の準備のみではなく当日もスタッフとして活動し、普段とは違う客観的な視点でイベントを見ることができて、大変さがより分かりました。この研修を経て、JICAについてというだけでなく、それ以外の分野でも成長できました。五日間、本当にありがとうございました。
市立札幌開成中等教育学校 3年 西山史恩

 

ひろばニュース