平成22年度 国際理解教育セミナーを実施します!

2010年6月29日

【画像】

告知ポスター

南北格差、貧困、環境、紛争など、地球上で起こっている様々な問題は、私たち先進国と密接に関わっていることを知っていますか?
開発教育(国際理解教育)は、「知り、考え、行動する」という視点で、身近なところからその解決に取り組んでいくための教育活動です。

JICA北陸では開発教育支援事業として様々な取り組みを行っていますが、その一環として今回、本分野に興味・関心のある教員や学生、一般の方を対象に「国際理解教育セミナー」を実施します。

開発教育・国際理解教育を知りたい方、実践してみたい方、参加型のワークショップを体験したい方、まずはお気軽にご参加下さい。
また国際理解教育に興味・関心のある方々との出会いの場でもありますので、この機会にご参加下さい。


【日時】2010年7月10日(土) 13:30〜16:10

【会場】リファーレ4階 研修室4(パスポートセンター 上階)
     〒920-0853 石川県金沢市本町1-5-3 

【対象】北陸3県内小、中、高校の教員、学生や一般の方など開発教育・国際理解教育に興味・関心をお持ちの方

【内容】
・プログラム1 
 開発教育ワークショップ「パーム油のはなし〜地球にやさしいってなんだろう〜」
お菓子や洗剤などの原料になっているパーム油を通して、生産国の問題や私たちに出来ることを参加型のワークショップを通して考えます。
講師:根石 修 氏(いしかわ地球市民の会/県立高等学校教諭)

・プログラム2
 国際理解教育実践報告
昨年度、教師海外研修(ウガンダ)に参加した先生がその経験を活かした授業実践の様子を紹介します。
発表者:長谷川 恵里子 氏(福井県立福井農林高等学校教諭/平成21年度教師海外研修参加)

【定員】30名

【参加費】無料

【申し込み・問い合わせ】
 独立行政法人国際協力機構北陸支部(JICA北陸) 
 開発教育支援担当 山口
 TEL:076-233-5931 FAX:076-233-5959
 Yamaguchi-Yasunori@jica.go.jp



関連ファイル:
関連リンク