スリランカ人研修員 富山での研修全日程終了(草の根技術協力事業支援型)

2010年12月28日

【画像】

修了証書を手に笑顔で写真に収まる4人の研修員(中央)と地球の夢とJICA北陸関係者

2010年12月20日のJICA北陸のHP(トピックス)で、この研修の様子を紹介いたしましたが、この度2ヵ月に亘った定置網漁業実地研修を無事に終了し、12月22日に修了証授与式がJICA北陸で行われました。

南国スリランカから来た研修員の最大の敵は「寒さ」でした。時々体調を崩したそうですが、「スリランカで定置網を絶対に普及させる」という使命感に燃え、4名の研修員は最後まで研修をやり遂げ、その自信からか全員来たときよりもさらに精悍な顔になっていました。ある研修員は5キログラムも体重が減ったそうです。

研修員は12月23日に無事にスリランカに帰国しました。今後の予定は、現地での定置網の敷設と操業を指導するために、プロジェクトマネージャーの浦上さんとアシスタントマネージャーの小宮山さんが1月22日に渡航します。JICA北陸からも2月に調査のため現地を訪問する予定です。現地での活動の様子をこのHPで紹介いたします。ご期待ください。

関連リンク