「第4回JOCAオープンカレッジ in 北陸」を開催しました

2011年2月10日

2011年1月29日(土)、JICA北陸にて「第4回JOCAオープンカレッジin北陸」が行われました。

「第4回JOCAオープンカレッジin北陸」イベント概要

【画像】

林さん(左)と嶋崎さん(右)

【日時】 2011年1月29日(土) 15:00〜17:00
【会場】 JICA北陸
【参加人数】 29名
【テーマ】 「奮闘する、保健・医療分野の青年海外協力隊」

【プログラム】
(1)イントロダクション
途上国の一般的な保健・医療分野の問題と保健エリアの隊員活動について

(2)隊員活動紹介<1>
嶋崎 貴士さん(元作業療法士隊員/派遣国:セントビンセント/石川県出身)

(3)隊員活動紹介<2>
林 由奈さん(元作業療法士隊員/派遣国:ニカラグア/福井県出身)

(4)パネルディスカッション
参加者を交えてのフリーディスカッション

【講座の内容】
第4回のフォーカスエリアは「保健・医療分野」です。中でも、途上国において予算的なプライオリティが低く、日頃あまり話題に上らない「リハビリテーション部門」の実際について、2人の元作業療法士隊員に報告していただきました。

講座の内容

【画像】

参加者の質問に答える嶋崎さん(右)

カリブ海に浮かぶ島国、セントビンセントに派遣された嶋崎さんは、精神科病院での麻薬依存症患者に対するリハビリテーションを担当しましたが、「建設を予定していた施設は2年間とうとう建設できなかった」、「管理職の方々は活動開始当初から隊員に理解を示してくれたが、同僚たちは隊員との連携に消極的だった」などの問題点を指摘。しかし、地道な活動とコミュニケーションの末、徐々に「隊員の協力活動」と「作業療法の必要性」について理解を得るまでになった、と語りました。

【画像】

林さんの報告

中米の農業国、ニカラグアで活動し、先月(2010年12月)帰国したばかりの林さんは、2年半の活動で、なんとか「作業療法の種を蒔くことができたのでは」と話したが、そこに至るまでには様々な問題があったようです。
実は、林さんの前任者の職種は「理学療法士」でした。しかし、施設の設備と利用者の状況、そして同僚スタッフの経験と力量を踏まえ、JICA事務所と施設が協議・検討し、後任を「作業療法士」で要請した、との背景がありました。つまり、初代隊員が2年間活動することで要請元の状況により合致したニーズを掴み、より理解した上で後任要請を吟味していたのです。
この積み重ねが、ボランティアによる協力活動の精度を上げていくキーポイントになるのではないか、とのことでした。

最後のパート、パネルディスカッションでは参加者にテーマを選んでいただき、援助(協力)の難しさやODA予算についてなど、鋭い質問や意見が飛び交いました。

参加者からの質問に対しJICA北陸の友部支部長からは、「人々が自ら望ましい選択ができる要素の幅を広げる。それを現場で行えるのが協力隊です」など熱く答え、盛会のうち終了しました。

参加者の感想から

・現地に行った協力隊員が1年後にその現場のニーズを把握し、日本に伝え、次の後継者の職種などを決めたらよいのでは。

・知識や技術を定着させる難しさ、モノを寄付するだけでは意味が無いことを感じました。

・協力隊の現場での経験や理想と現実の違い、協力の難しさについて多く学ぶことができました。

・パネルディスカッションにて、参加者からのJICAやODAに対する素朴な疑問に答えてもらい、自分の中でもなんとなくあやふやだったものに対し、納得することができました。

・協力隊OBと一般の方を交えてのパネルディスカッションは、それぞれの目線での援助の考え方が聞けてとても有意義でした。

・JICAの活動は平和につながっていると思います。人と人のつながりが、平和につながるのではないかと思います。

関連リンク