「開発教育教材体験フェスタ−持続可能な社会づくりの実践に向けて−」参加者募集!

2011年11月4日

【画像】

教材「世界がもし100人の村だったら」(特活)開発教育協会制作

2012年1月22日(日)、「開発教育教材体験フェスタ−持続可能な社会づくりの実践に向けて−」セミナーを開催いたします。

グローバル化の進展と共に地球規模での相互依存が深まっている中、国際社会で活躍するグローバル人材の育成が求められています。また新しい学習指導要領にも持続可能な社会構築の観点(ESD)が盛り込まれるなど、開発教育・国際理解教育の重要性が高まっています。

日本が大きく依存している開発途上国への政府開発援助(ODA)を実施するJICAは、次世代を担う青少年を中心に途上国の抱える問題や解決のための活動への関心や理解を高める開発教育・国際理解教育の推進にも力を入れています。今回その実践者を支援するため、具体的な教育や参加型学習の手法が学べるセミナーを実施します。

開発教育・国際理解教育、持続発展教育にご興味のある方、ぜひご参加ください。

詳しくはページ下部の関連ファイルより告知チラシ(PDF)をダウンロードの上、ご確認ください。


【日 時】 2012年1月22日(日) 10:00〜16:30
【場 所】 金沢市近江町交流プラザ(金沢市青草町88番地)
【対 象】 開発教育/国際理解教育、持続発展教育に関心のある方
【参加費】 無料

【申込み方法】
関連ファイルのリンクより告知チラシ(PDF)をダウンロードし、裏面の申込書に必要事項を明記の上FAX、もしくはE-mailにてお申し込みください。

【申込締切】 2012年1月16日(月)必着

【お問合せ・申込み先】
独立行政法人国際協力機構 北陸支部 開発教育支援事業担当:山口 泰範
E-mail:Yamaguchi-Yasunori@jica.go.jp  TEL:076-233-5931  FAX:076-233-5959 

【主 催】 独立行政法人国際協力機構 北陸支部(JICA北陸)
【後 援】 石川県教育委員会、金沢市教育委員会

関連ファイル:
関連リンク