青年海外協力隊 神谷桂二郎さん 東日本大震災被災者応援歌を作曲

2012年5月15日

"Light of Life"を作曲した神谷桂二郎さん

ブータン国王のご成婚を祝う歌を作曲して注目を集めた、青年海外協力隊員の神谷桂二郎さん(ブータン短期派遣/富山県)が、今度は東日本大震災の被災者を応援する歌『Light of Life』を作りました。

ブータンのラジオ局からの依頼を受けたのが始まりで、神谷隊員の呼びかけに応えて世界各国の仲間が制作に加わったそうです。
世界40ヵ国以上からの応援メッセージが録音された楽曲"Light of Life(ライト・オブ・ライフ)"は、ブータン、日本、ドイツ、オランダ、スペイン、その他、被災者に心を寄せる世界の人々の強い想いから生まれたチャリティー・ソング・プロジェクトです。

歌はiTunesなどの音楽オンラインストアで、5月12日からダウンロード購入することができます。売り上げは100%被災地の自治体に寄付されるとのこと。Light of Lifeのウェブサイトでは、被災地へのメッセージを投稿することもできますので、ぜひご注目ください。