JICA中部で開催された教員研修に参加しました!

2019年2月25日

2/9・2/10にJICA中部(名古屋)で開催された「2018年度 開発教育指導者研修(実践編)」に北陸から11名で参加してきました!
北陸地域では開催されていない大規模な教員向け研修に毎年JICA北陸も参加させて頂いています。

この研修は、中部地域でグローバル教育を実践している先生方の具体的な授業例の発表を聞いたり、ワークショップを体験したり、どうしたら学校で国際理解の授業を実践していけるのか話し合ったり、と実際に国際理解教育を学校現場などで実践していく指導者を育成する目的で開催されています。
当日は160名以上の参加者がいらっしゃいました。

中部地域はグローバル企業の集積地でもあり、学年の半分は外国籍児童、学校に100人以上外国にルーツを持つ子供がいる、ということも多々あります。
国籍もブラジル、ペルー、フィリピン、中国と様々です。「異文化理解・多文化共生」が毎日起こっている学校現場で日本人児童・生徒との融和や協調、相互理解を促進するために、日本の先生方が奮闘されています。

北陸地域はまだまだ都市圏に比べるとグローバル教育は現場に浸透していない状況です。今回参加した先生方が今後教育現場で国際理解授業を実践していって下さることを願っています。
北陸からの参加者にとっては違いを感じ、エネルギーと刺激、沢山の学びをもらった2日間になりました。