「カイゼン」で得られた達成感−現場の声から−

Twitter Facebook はてなブックマーク メール

「数十年の間、『われわれ』現場で働く者は、『彼ら』経営陣の舌を通して、蜜がどんなに甘いかを感じるように言われてきた。しかし、今は、みんなが自分の舌で味わうことができる。そして味わってみると、蜜は想像以上に甘かった」

「カイゼン」プロジェクトの実施状況を確認するため、ウォンジ砂糖工場へ現場視察に行き、そこで聞いた例え話です。

「カイゼン」が日常生活にも根付いているかどうか確かめるため、工場内にある労働者用の住居を訪ねると、整理整頓され、清掃も行き届いていました。その家の主人に「カイゼンの必要性とメリット」について聞くと、冒頭に挙げた例えを口にしたのです。

つまり、以前は経営陣だけが自分で味わい、蜜の甘さを労働者に伝えていました。労働者は決して意見を求められず、経営陣の味覚を自身のものとして受けいれるように言われるだけでした。

労働者は、経営陣が良しとするものは良いとし、悪いとするものは悪い、と思わされていましたが、「カイゼン」では、経営陣の判断が変わった理由を知ることができます。労働者の意見が取り入れられ、意思決定に参加している意識から、以前より自分の価値や達成感を感じられるようになったと言います。カイゼン哲学によって自尊心を養うことができたからです。

話をしてくれた家の主人は、労働者を「われわれ」、経営陣を「彼ら」と表現していました。そこにはこれまでの力関係や、上意下達方式への敵対的な態度を垣間見ましたが、「カイゼン」はその意識を少しずつ変える一助となっています。

(Original text written by Fekadu Nigussie)

A story of a frontline worker: the sense of accomplishment of life through KAIZEN

The dichotomy?

"For decades we (the frontline workers) were told to feel how sweet is honey through others tongue. But now, every one of us is allowed to use our own tongues ... and we tasted how sweet honey is. Personally, I found honey sweeter than I thought it would be." It was on field trip to Wonji Sugar factory, to observe KAIZEN implementation, that I heard this metaphor.

KAIZEN in the house?

We reached at one model household to see KAIZEN in the house. Everything seems well-organized and clean. We asked to the household head "why he needed KAIZEN and what the benefits of KAIZEN?" He expressed his past deep discontent on the top-down management of the factory, using the metaphor mentioned above. I interpreted his metaphor as below.

'"Managements" were the only one who used their tongue to taste and tell to "frontline workers" how sweet honey is. "Frontline workers" have never been involved and neither asked for their inputs. Except that "frontline workers" are told to accept the "management's" taste as their own.

He was deemed to appreciate what "management" appreciate and curse what "management" curse, but with KAIZEN he is witnessing attitudinal change of the management. He is involved in the process, his inputs are heard, felt senses of worthiness and accomplishment of life than before. He needed to implement KAIZEN, because KAIZEN philosophy helped him to build his self-esteem.

Our informant's dichotomy of "we" and "they" showed a glimpse of the power relation and the antagonist attitude that is prevalent in top-down management. KAIZEN is helping little-by-little to change them.

【写真】

モーターにはきちんとラベルが貼られ、巻き戻してある

【写真】

サイズごとにラベルが貼られ収納された重荷重車両用タイヤ

【写真】

安全を喚起する文字が書かれた通路


【写真】

重荷重車両修理場内にはレーンが敷かれている

【写真】

エネルギー補給にサトウキビをかじる農場労働者

【写真】

工場近くのサトウキビ畑。収穫したサトウキビをトラックに積む


Twitter Facebook はてなブックマーク メール