カイゼンが変えるエチオピアの生産性

Twitter Facebook はてなブックマーク メール

エチオピアにおけるJICAのカイゼン(注)のための取り組みは、2009年にスタートし、現在プロジェクトは第3フェーズ(2015~2020年実施)に入っています。2011年に政府によってエチオピア・カイゼン機構(EKI)が設立された後、カイゼンの取り組みは地方にも広がり、現在7つの主要都市で推進されています。

エチオピアは近年、カイゼンの資格制度も導入しました。2018年にはEKIと地方カイゼン機構の19人のコンサルタントが認定資格を取得しています。中級レベルのカイゼン研修を受けたコンサルタントも51人おり、そうした研修はこれまでに日本、マレーシアおよびアルゼンチンにて開催されています。

私が現場を訪問した時には、カイゼンの研修を受けた職業訓練学校の教員が、カイゼンを用いてビジネスを成長させる方法を学生に指導する様子を見ることもできました。カイゼンを取り入れている企業を訪問する機会もあり、特にエチオピアのカイゼンコンテストにおいて群を抜いた品質・生産性・競争力によって最優秀賞を受賞した企業を訪問したときには、カイゼン導入後の成果に感銘を受けました。

カイゼンは、従業員の問題解決能力を高めると同時に、人々がそれぞれの能力を向上させ、より良い未来につかむチャンスにもつながります。エチオピアの民間セクターではカイゼンへの関心が高まっており、首都アジスアベバにはカイゼンを広めるための研修施設であるTICAD産業人材育成センターがJICAの無償資金協力事業として今後建設される予定です。

(注)高度成長期の日本で、ものづくりの品質や生産性を高めるために製造業の現場で培われた取り組み。「整理・整頓・清掃・清潔・しつけ」(5S)などが基本。

(Original text written by Gebeyehu Tuji Benti)
JICA’s initiative with kaizen in Ethiopia began in 2009; now in the third phase of the project (2015-2020), the kaizen movement has witnessed the establishment of the Ethiopian Kaizen Institute (EKI) in 2011 and has seen the phenomena infiltrate to the regional level, with 7 cities adapting a city-wide kaizen initiative.

Ethiopia is one of the first countries to develop a kaizen certification system and 19 consultants from EKI and regional kaizen offices were awarded certificates in 2018. Fifty one consultants have been trained in intermediate level kaizen and trainings have been conducted in Japan, Malaysia and Argentina.

During my time in the field I have seen technical and vocational teachers trained in kaizen who are teaching their students how to grow their businesses using kaizen. I have also had the opportunity to visit companies implementing kaizen. I am very impressed with the changes that are being implemented, especially at companies like Mesfin Industrial Engineering, which was awarded the first place prize in Ethiopia last year, for the outstanding quality, productivity and competitiveness.

Kaizen has been instrumental in developing the problem-solving capacity of employees and it speaks to JICA’s core goal of developing human capacity so that all people can have access to a better future and explore their diverse potentials.

The private sector in Ethiopia is keen to implement kaizen and due to growing interest the TICAD Human Resource Development Center, which is the training center to disseminate KAIZEN, will be constructed in Addis Ababa by the grant aid project of JICA.



(関連リンク)

各国における取り組み エチオピア

【写真】

カイゼンを学ぶために来日したエチオピアの大臣たち

【写真】

カイゼンを導入した現地企業の工場内の様子

【写真】

カイゼン実施前の現地の工業大学のワークショップ用スペース


【写真】

カイゼン実施後の同大学の自動車修理用のスペース

【写真】

カイゼン導入後の病院の調理場

Twitter Facebook はてなブックマーク メール