ガーナの最新記事

たった一日のラマダン体験

「君は断食をしないのか?」と、ラマダン(断食)期間中よくムスリム(イスラム教徒)の同僚にこう聞かれた。そして断食をするように誘われる。私は決まって「たぶん明日から始めるよ!」と笑顔で答えていた。 私が活動するガーナ北部のタマレはいたる所にモスクがあり、ムスリムの人が多くいる。そんなタマレで、ムスリムの人には過酷なラマダンの時期が5月27日から始まった。 この期間は、日の出から日没までの間、飲食は一切禁止となる。毎朝4時半ごろに起き、日が昇る前に飲み物や食べ物を多めに取る。そして日が出ている間は飲み食いせず、日が沈む夕方6時になってやっと飲食をする。これを約1ヵ月間、毎日続けているのだ。  同僚からの断食の誘いを適当に断っていた私だが、ラマダン最後の日の1日...

「たった一日のラマダン体験」の全文を読む

その他の記事一覧