ガーナの最新記事

ガーナで考える日本との教育現場の差異

私が西アフリカ・ガーナに派遣されてから早くも9ヵ月が経過した。 私の職種は理科教育で、ガーナ北部にある高校に赴任しており、日々教鞭を執っている。今回は、タイトルにも述べたように、私がここ9ヵ月で感じ考えたガーナと日本との教育現場の差異について、一番驚いたことを著そうと思う。 それは、生徒が発言をすることをためらうか否かである。 皆さんには、先生が授業中、高校生に難しめの問題を出した場面を想像していただきたい。日本の高校生の場合、間違っていることを恐れて、あるいは気恥しさから誰も手を挙げない場合が多いのではないだろうか。そして、先生が直接生徒を指名する。 しかしガーナの場合は違う。間違っている、いないは全く気にしない。次々に手が挙がる。みんながみんな自信満...

「ガーナで考える日本との教育現場の差異」の全文を読む

その他の記事一覧