アフリカ各国の最新記事

このページではアフリカ地域の最近記事をご紹介します。国別の記事一覧をご覧になりたい方は、画面左「地域別メニュー」の国名から国別記事ページへお進みください。
ガーナ 2017年8月10日 堀 静香(青年海外協力隊、静岡県出身)

「結婚してくれ」からの、コミュニケーション

ガーナに住んでいる女性であれば、私のように外国人でも必ず言われる言葉があります。それは、「結婚してくれないか」。相手にとって自分の顔がどんなに好みではなくても、胸もお尻もなくても、言われます。(ガーナ人は顔が濃いし、胸もお尻もあります)。 もちろん、中には本気のパター...

【写真】 【写真】 【写真】 【写真】 【写真】 
ジブチ 2017年7月28日 森 勇樹(青年海外協力隊、埼玉県出身)

教育の遠い首都 −ジブチでの難民支援の現場から(2)

私は配属先であるNGO「ルーテル世界連盟(LWF)」の事業の一環として、首都ジブチ市に住む難民児童を対象にした教室を開講する準備を進めている。難民という立場ゆえに学校に通えない子どもたちや就学前の子どもたちに対して、情操教育や基礎学習の機会を提供するのが目的だ。 現在...

【写真】 【写真】 【写真】 【写真】 【写真】 
ナイジェリア 2017年5月12日 児玉 広志(職員、愛知県出身)

ナイジェリアで農家の味方、発見!—ウマール博士の大変身

私がウマール博士と出会ったのは2015年10月。彼の作物栽培に関する知見と経験は、研究所内の栽培試験の設計・管理にしか生かされていませんでした。それが今、農業改良普及員(以下、普及員)・農家から慕われる存在になりつつあります。 私はナイジェリアで農業、特にコメの振興に...

【写真】 【写真】 
南スーダン 2017年3月3日 ウドゥ・ディクソン・アマ・ボト(ナショナルスタッフ)

南スーダンでJICAの住民意識調査を実施

マラウイ 2017年2月28日 山地 純(青年海外協力隊、愛媛県)

本気と本気がぶつかるとき

ウガンダ 2017年2月15日  佐々木 義和(青年海外協力隊、宮崎県出身)

未来を担う子どもたちの衛生意識の変化を求めて

南アフリカ共和国 2016年10月28日 ジャネット・ベンター(ナショナルスタッフ)

「これまで」と「これから」、南アフリカの民主化を生きて

ケニア 2016年7月22日 永井春奈(青年海外協力隊、静岡県出身)

TICAD直前! ケニア、マチャコスのランニング・イベント「Elimisha Dada Race 2016」