アフリカ各国の最新記事

このページではアフリカ地域の最近記事をご紹介します。国別の記事一覧をご覧になりたい方は、画面左「地域別メニュー」の国名から国別記事ページへお進みください。
ナイジェリア 2017年5月12日 児玉 広志(職員、愛知県出身)

ナイジェリアで農家の味方、発見!—ウマール博士の大変身

私がウマール博士と出会ったのは2015年10月。彼の作物栽培に関する知見と経験は、研究所内の栽培試験の設計・管理にしか生かされていませんでした。それが今、農業改良普及員(以下、普及員)・農家から慕われる存在になりつつあります。 私はナイジェリアで農業、特にコメの振興に...

【写真】 【写真】 
南スーダン 2017年3月3日 ウドゥ・ディクソン・アマ・ボト(ナショナルスタッフ)

南スーダンでJICAの住民意識調査を実施

JICA南スーダン事務所では、JICAとその活動に対する南スーダン人の認知度を測るため、また、南スーダンの国民にJICAを知ってもらうため、住民意識調査を実施しています。2016年6月に1回目の調査を、同年12月に2回目の調査を行い、ジュバ市内の5地区約520世帯を対象...

【写真】 【写真】 【写真】 【写真】 【写真】 
マラウイ 2017年2月28日 山地 純(青年海外協力隊、愛媛県)

本気と本気がぶつかるとき

1992年4月、青年海外協力隊としてマラウイの地に降り立った若者がいた。中川総、27歳。隊員活動と並行して、やがて彼は剣道の普及に取り組み始める。遠い東洋の国のスポーツをアフリカの地でゼロから発信・指導していくのは決して簡単ではなかったはずだ。道具は中川氏が日本から持参...

【写真】 【写真】 
ウガンダ 2017年2月15日  佐々木 義和(青年海外協力隊、宮崎県出身)

未来を担う子どもたちの衛生意識の変化を求めて

南アフリカ共和国 2016年10月28日 ジャネット・ベンター(ナショナルスタッフ)

「これまで」と「これから」、南アフリカの民主化を生きて

ケニア 2016年7月22日 永井春奈(青年海外協力隊、静岡県出身)

TICAD直前! ケニア、マチャコスのランニング・イベント「Elimisha Dada Race 2016」

ボツワナ 2016年7月15日 伊藤衡(シニア海外ボランティア、東京都出身)

ボツワナチョベマラソン大会、実現までの道

ベナン 2016年7月12日 バンバデ・オラジュワン・ファディル(ナショナルスタッフ)

ベナン教育システムへのJICAの貢献