マダガスカルの最新記事

「ジョンマオ医師」と「ソランジュさん」のいい関係−マダガスカルのポリオ対策−

私は短期看護師隊員として、マダガスカルの首都アンタナナリボから北西に車で10時間ほど離れたマジュンガI郡保健局で活動をしています。マダガスカルでは2015年、ポリオが流行し、全国一斉のワクチンキャンペーンは9ヵ月間で5回も行われました。マジュンガI郡でも2件の発生報告があり、世界保健機関(WHO)からも、ポリオ担当の「ジョンマオ」という医師が短期派遣され、私も彼女と時々活動しました。WHO職員と働くのは初めてで、彼女はカメルーン人なので仏語で話すしかありません。「国際的な組織の人」というイメージの彼女と、普段マダガスカル語での活動が中心の私の、それも慣れない仏語でのコミュニケーションには、当初プレッシャーがありました。しかし、彼女は思いのほか気さくで、仏語の分か...

「「ジョンマオ医師」と「ソランジュさん」のいい関係−マダガスカルのポリオ対策−」の全文を読む