モザンビークの最新記事

食事は偉大である

ここは首都マプトから陸路で5日もかかる、ニアサ州の州都リシンガ。私の仕事は、リシンガの農業研究所所員のITスキル向上促進だ。活動先は街から離れており、昼食時家に戻ることも外食もできない。職場ではみんな外で火をおこして昼食を作っている。 食事の役割分担について同僚に尋ねると、「空腹になった人がみんなの分も作るんだよ」という回答だった。その同僚は、当たり前のことをなぜ聞くんだ?というような表情をしていた。こうした食事を通じた交流が、普段接点がない同僚との絆を深めている気がした。もし自分が日本で同僚の分まで食事を作るとしたら、「なぜ自分ばかり」と思うかもしれない。リシンガでは助け合い精神が強く、食事を大切にしている人が多い。 もう一つ、食事の話題がある。ある日、私...

「食事は偉大である」の全文を読む

その他の記事一覧