南スーダンでJICAの住民意識調査を実施

Twitter Facebook はてなブックマーク メール

JICA南スーダン事務所では、JICAとその活動に対する南スーダン人の認知度を測るため、また、南スーダンの国民にJICAを知ってもらうため、住民意識調査を実施しています。2016年6月に1回目の調査を、同年12月に2回目の調査を行い、ジュバ市内の5地区約520世帯を対象に戸別訪問をして調査を行いました。

1回目の調査では、JICAを「知っている」と答えた人が71.9%で、JICAの印象について50.8%の人が「仕事熱心」、「効果的/効率的な組織」と回答しました。また、技術協力よりも無償資金協力の知名度が高く、住民は好意的な印象を持っていることが分かりました。各プロジェクトの認知度は、無償資金協力では、給水施設の建設(ジュバ市水供給改善計画)53%、「自由橋(ナイル架橋建設計画)」の建設7%、と一定の認知があったのに対し、農業開発マスタープランの策定、税関分野の支援、公共放送局の支援などの技術協力はほとんど知られていませんでした。更に、情報源としては「ラジオ」が73.7%と最も多く、市民の主な情報源となっていることが分かりました。2回目の調査結果は、現在集計中です。

「JICAが給水施設を整備してくれるのは、とてもありがたいこと。水道が通る日が待ち遠しい」と、興奮しながらインタビューに答えてくれた人もいました。また、ある回答者は、「JICAの戸別訪問調査でいろいろな話を聞くことができ、これまで知らなかったプロジェクトについて知ることができた」と話しており、今後もぜひ続けてほしいと言っています。

住民意識調査は、南スーダンの国民がJICAをどのように見ているか知ることができ、また、職業訓練、教育、平和のためのスポーツ、ジェンダーなどJICAのさまざまな分野の協力について、理解と意識を高めるきっかけになりました。


(Original text written by Wudu Dickson Ama Boto)

JICA South Sudan office is conducting Perception Survey to understand the opinion of the South Sudan public about JICA and its contributions in South Sudan, to find out whether or not people know what JICA does and also to inform the public about JICA activities. The Survey was introduced for the first time in June 2016 and has already taken place two times. In both surveys, 520 households were surveyed in 5 communities in Juba city. However, the data from the second perception survey is currently in the process of analysis.

From the first survey, 71.9% respondents claimed they know JICA while 61.8% respondents were favorable about JICA’s existence in South Sudan. Radio turned out to be primary source of information 73.7%. Over 50.8% of the respondents believed JICA is a hardworking and an efficient/effective organization. Also Grant Aid project like Construction of Water Supply Facility (53%) and Construction of the Freedom Bridge (7%) were more known and preferred compared to Technical Cooperation projects like Support to the Development of Comprehensive Agriculture Master Plan (1%), Support to Customs Service (0%) and Support to Public Broadcasting Corporation (0%).

“Am so impressed about the construction of water supply facility by JICA and excitingly waiting for water to reach my home” said one of the respondents during the interview. Meanwhile another respondent applauded JICA for visiting them in their households during the survey. “This visit to my house is very useful because it has educated me and am now informed about the projects that I never knew before” the respondent said, adding that let such a survey be continued.

This survey has not only helped JICA to understand the public’s knowledge of JICA’s activities, but also brought opportunities at the doors of the respondents and created awareness on different sectors JICA is involved in including vocational training, education, sports for peace and unity and gender.

【写真】

調査質問に答える住民(Data collector interviewing a respondent)

【写真】

調査のブリーフィング(Briefing data collection supervisors)

【写真】

調査のための研修(Data collection training)


【写真】

調査員(Data collectors)

【写真】

JICAのパンフレットを読む調査員(Data collectors reading JICA brochure)

【写真】

調査員(Data collectors)


Twitter Facebook はてなブックマーク メール