ザンビアの最新記事

衛生環境の改善を目指して 意識の改革がキーポイント

アフリカ南部の内陸国ザンビアは人口1,600万人、その約14パーセントにあたる220万人が首都ルサカ市に集中しています。ルサカ市内にはコンパウンドと呼ばれる低所得者が居住する地域が点在し、220万人の大半がそこで暮らしています。 2017年10月、一年で最も暑く、乾燥して砂ぼこりが舞う乾期の終盤に、コンパウンドでコレラが発生しました。現地政府の迅速な対応で11月末には終息するかと思われたものの、やがて雨期を迎え、本格的に雨が降り始めた12月に感染地域が拡大。2018年1月末までにルサカ市内で3,500名以上の感染が報告され、70名を超える尊い命が失われました。亡くなった人の多くが5歳未満の子どもたちです。 特に多くの感染者を出した地域は、安全な水が十分に確保...

「衛生環境の改善を目指して 意識の改革がキーポイント」の全文を読む

その他の記事一覧