ボリビアの最新記事

子どもたちの健やかで幸せな未来のために

【教育がきっと未来を変えられる】 2017年4月、私が勤務する小学校で栄養士隊員と協力し、公開授業を行った。 テーマは「正しいおやつの取り方を学ぼう」。清涼飲料水やスナック菓子の摂取量が多いことがずっと気になっており、今回の授業を実現させた。 まず、カロリーの概念、ボリビアで最も患者数が多いといわれる糖尿病の恐ろしさについて学んだ後は、お菓子の袋のカロリー表示の見方を学習。最後は、200キロカロリー以内におさまるように計算をしながらお菓子の袋を二つ選び、グループごとに発表して終了。 今回は高学年計6学級で授業を行ったが、どのクラスにも、糖尿病により足を切断したご家族をもつ児童が在籍していた。この病がいかに身近なものかは想像に難くない。しかし、幼いうちから...

「子どもたちの健やかで幸せな未来のために」の全文を読む

その他の記事一覧