ブラジルで日本舞踊??

Twitter Facebook はてなブックマーク メール

ブラジルに日系人が多いということは日本でもよく知られていることですが、ブラジルの日系社会についてはあまり知られていないと思います。そこで、ほんの一部ですが、私が見たブラジルの日系社会についてご紹介します。

2017年11月6~7日、ゴイアス州カルダスノバス市のTaiyo Thermas Hotel で、日本舞踊のお祭りが開催されました。なんと、今年で28回目という歴史のあるイベントです。私も1人の踊り子として参加しました。

私は、サンパウロ州サルト市の日本語学校で日本語教師として活動する傍ら、赴任当初からサルトの婦人部のみなさんに加わり、週1回踊りの練習に参加してきました。踊りの種類は、いわゆる盆踊りです。この踊りのグループには、日系人だけでなくブラジル人も多く参加しています。今回のイベントに参加したメンバーも、半分がブラジル人でした。

2日間にわたり開催された日本舞踊のお祭りですが、1日目はサンパウロ、サルト、ブラジリアから集まった踊りのグループが鳥取の「傘踊り」をはじめ、日本舞踊、盆踊りなど22曲を披露しました。中でも印象的だったのが、ブラジル人の踊る日本舞踊です。ゆっくりとしたテンポの少し悲しげな曲に合わせて、丁寧に踊るその美しさにはとても感動しました。また、80歳以上の日系の方も多く参加されており、元気に楽しく踊る姿には、彼女たちの日本舞踊に対する愛情を感じました。

2日目は、サンパウロで活躍する歌手のショーと夕食会がありました。ショーでは、日本の曲だけでなく、ブラジルの曲も歌われました。日本語とポルトガル語の両方で会場全体が一体となった大合唱があったり、参加者全員で盆踊りを踊ったりしました。最後には、サプライズで、ブラジルで人気の曲「Ai Se Eu Te Pego」にあわせて、盆踊りをしました。ブラジルの曲で日本の盆踊りが踊れるなんて、とても驚きました。

日本とブラジルは、地球の反対側に位置する国ですが、このように日本文化が存在しています。日本から移住し、日本文化を今でも大切に受け継ぎ、現在は、その文化をブラジルに住む人たちと共有しているのです。

ブラジルは、生活の中に自然と異文化があります。お互いの文化を尊重しあい、そして楽しむのです。それは、すごく素敵なことだと感じました。



(関連リンク)

各国における取り組み ブラジル

【写真】

日本舞踊を踊るブラジル人

【写真】

サルトのグループの発表「いけいけ人生」

【写真】

サルトのグループの発表「ぼんおどり」


【写真】

サルトのグループの集合写真

Twitter Facebook はてなブックマーク メール