ブラジルの最新記事

当たり前だけど特別なこと

私の祖父母は戦後の農業移民として、人生の半分をブラジルで過ごしました。実家で食べるブラジル料理や祖父母の会話に混じるポルトガル語は、私にとってのブラジルを「少し特別な国」にしてくれました。 サンパウロのお隣、オザスコ市で、現在日本語学校教師として活動しています。生徒には、日系人の親の勧めで日本語を始めた子どもだけでなく、日本文化に興味をもった非日系の人もいます。都心になるほど同化は進み、日本語学習者は減少する一方です。ポルトガル語が母語ではない1世のおじいちゃんと、日本語がわからない3世の孫、そんな家庭もたくさんあります。「おじいちゃんとおばあちゃんは日本人、でも私はブラジル人」、これもここでは当たり前なことなのです。 そんな中、ある生徒がこんなことを言って...

「当たり前だけど特別なこと」の全文を読む

その他の記事一覧