コロンビアはイメージ通り陽気な人が多かった

Twitter Facebook はてなブックマーク メール

私は2017年6月に養殖分野のボランティアとしてコロンビアに派遣され、首都ボゴタで1カ月の語学訓練を受けた後、美しいカリブ海沿いの町であるサンタマルタ市で活動を始めました。それから1年がたち、現地の生活や活動にも慣れ、コロンビア人の気質や文化が少しずつわかってきたので、紹介したいと思います。

コロンビア人は自国を非常に愛している人が多く、ワールドカップではみんなで代表のユニフォームを着て、国民一丸となって選手を応援していました。予選の時には、私はカリ市で行われた日系人協会の敬老会に参加していましたが、みんなプロジェクターに映し出された試合に夢中になっていました。試合に勝つとサンタマルタ市を含め、コロンビア中がお祭り状態になっていたようです。日系人協会から空港に向かう途中は、多くの若者がバイクで走り回り、いくつかの道が通行不能になっているほどでした。

サンタマルタ市は、日本人が想像するような、陽気で踊りと音楽が好きな、いわゆる「ラテン系」な人々が多く集まる地域です。赴任した当初は打ち解けられるか不安に思っていましたが、人懐っこい人が多く、不安はすぐに払拭されました。また、とても優しい人が多く、着任2日後に38度の熱が出て、家で療養することになった際にも、まだ少ししか話していない同僚が、わざわざ見舞いに来てくれました。

コロンビアで活動しているとお酒の場に頻繁に招待されます。加えて、ダンスを一緒に踊ったりすることもあります。ただ、私自身は内気な性格で、多くの人とわいわいやるのがあまり得意ではなく、ストレスを感じることもありました。陽気で楽しいコロンビア人と過ごす毎日は楽しいものですが、やはり異文化に慣れるまでには時間がかかりました。現在は健康に気を付けながら、交流を楽しんでいます。

明るく陽気でコロンビアのことが大好きな人々とともに2年間過ごせることは、とてもありがたい話です。今後も初心を忘れずに、コロンビアの生活、文化について彼らから貪欲に学び取り、より濃密な時間を過ごしていけたらと考えています。



(関連リンク)

各国における取り組み コロンビア

【写真】

日系人協会敬老会の様子

【写真】

友人とダンス

【写真】

地元の大学の文化祭のパレード


【写真】

サンタマルタ市のきれいな海

【写真】

友人と日本食紹介をかねたパーティーを開催

Twitter Facebook はてなブックマーク メール