エクアドルの最新記事

ユルさの中でつながること

せめて守る時間があるとすれば、仕事の終業時間とサッカーのキックオフ——。極端な話になってしまうが、日本と比べると南米の時間はユルい。 私の任地はエクアドルの南東に位置するカニャル県トロンカル市という人口約6万人の農村都市。市民への環境教育の啓発が主な活動のため、市内の学校や地域のコミュニティーで、地道に市民の環境への意識付けを行っている。 時間に対する意識も異国の習慣なのだろうか、会議の時間や待ち合わせの時間が30分、1時間延びることはよくある。予定もあるようでなくなることが多々あり、おかげで待ち時間を使った読書がひそかな楽しみになった。 とはいえ、私も時間厳守を徹底できる方ではないので、南米の時間の習慣に救われる場面も少なからずあり、すべての場面で不便を...

「ユルさの中でつながること」の全文を読む

その他の記事一覧