エクアドルの最新記事

障害のある子どもたちと音楽を楽しむ日々

こんにちは。私は、現在エクアドルの首都キト市北部にある特別支援学校で、音楽の講師として活動しています。配属先の学校には、軽度の知的障害を持った7歳から30歳までの生徒が、キト市内全域から通ってきています。 気が付けば赴任して1年。学校現場での毎日は慌ただしくも、日々の子どもたちとの関わりの中で感じることが本当にたくさんあり、泣いたり笑ったり怒ったり感動したりしているうちに過ぎ去っていきました。 私の主な活動は、音楽の専任教員がいない配属先において、音楽の授業を担当することです。生徒たちは主に、自閉症、ADHD(注意欠陥多動性障害)、ダウン症などで軽度の知的障害を持っています。年齢や発達レベルに合わせた10人前後でクラスが編成され、各クラス1人の先生が担任して...

「障害のある子どもたちと音楽を楽しむ日々」の全文を読む

その他の記事一覧